このページの本文へ

ハドソンとBBサーブ、MMORPG『Master of Epic』で業務提携――28日よりオープンβテストを開始

2004年10月21日 19時48分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
満面の笑みでカメラマンに応えるハドソンの代表取締役社長の工藤 浩氏とBBサーブの代表取締役の孫 泰蔵氏
満面の笑みでカメラマンに応えるハドソンの代表取締役社長の工藤 浩氏(左)とBBサーブの代表取締役の孫 泰蔵氏

(株)ハドソンとビー・ビー・サーブ(株)(BBサーブ)は21日、東京・水天宮のロイヤルパークホテルで記者説明会を開催し、Windows用の多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMOPRG)『Master of Epic(マスターオブエピック)』について両者が業務提携し、今月28日に“オープンβテスト”(※1)を行なうと発表した。オープンβテストの申し込みにはBBサーブが運営するオンラインゲームポータルサイト“BB Games”のユーザー登録が必要。その後、状況を踏まえて12月末~2005年1月にYahoo! BBユーザーおよび契約ネットカフェの店内プレイが可能な“限定オープンβテスト”を実施。正式(有料)サービスの開始時期や料金などの詳細は未定。

※1 ここでは、“参加人数の上限を設けないテスト”を差してオープンβテストと呼称している



BBサーブの代表取締役の孫 泰蔵氏 ハドソンの代表取締役社長の工藤 浩氏 販売本部第2開発カンパニーチーフプランナーの伊藤丈夫氏
BBサーブの代表取締役の孫 泰蔵氏ハドソンの代表取締役社長の工藤 浩氏販売本部第2開発カンパニーチーフプランナーの伊藤丈夫氏

発表会にはBBサーブの代表取締役の孫 泰蔵氏、ハドソンの代表取締役社長の工藤 浩氏、販売本部第2開発カンパニーチーフプランナーの伊藤丈夫(いとうたけお)氏らが出席。業務提携における両者の役割や、ゲームの具体的な内容を説明した。

Master of Epicは、ハドソンとBBサーブが約3年間、数億円を投じて共同開発を進めているMMORPG。今年3月にクローズドβテストを実施し、その状況を踏まえてプログラム開発はほぼ完了しているという。今回のオープンβテストは、同時接続人数とサーバー負荷状況のテストおよびマーケティング(正式サービス前の事前告知)としての役割を果たすと見られる。両社の分担は、企画の開発と配信をハドソン/BBサーブが共同で実施し、国内向けサービスとプロモーション活動はBBサーブ(BB Games)とYahoo! BBを通じて展開、ゲーム内のサポートや運営はハドソンが行なうというもの。

BBサーブとハドソンの提携における両社の役割 オープンβテストの展開スケジュール
BBサーブとハドソンの提携における両社の役割オープンβテストの展開スケジュール

開発・投資はBBサーブのオンラインゲーム投資開発部門“#8(ナンバーエイト)”が担当。#8は(株)コーエーが9月に発表した『真・三國無双BB(仮称)』(2006年春サービス開始予定)ですでに投資を行なっているが、同部門が開発・投資を担当したタイトルとしてはリリース第1弾となる。

Master of Epicの登場キャラクターの一部(イメージ)
Master of Epicの登場キャラクターの一部

ゲームの内容は、ダイアロスという土地で城と城門の前にそびえ立つ石像“ノアストーン”をめぐり、4つの種族が5つの時代を渡りながら攻防を繰り広げる戦略性の高いオンラインRPGもの。時代によって、個人戦、集団戦、プレイヤー同士などが戦闘システムが切り替わるほか、戦闘シーンにアクション要素を取り入れ、タイミングよく攻撃を出すことで、弱いキャラクターでも強い敵に勝てるシステムを採用しているという。レベルという概念はなく、キャラクターの行動に応じてスキル(能力)が変化し、職業も変わっていく。職業は200種類以上用意されている。

ゲームに参加するには、Yahoo! BB以外のISPユーザーの場合、

  1. 今月28日から始まる“オープンβテスト”期間(1ヵ月程度を予定)に“BB Games”の登録会員としてテストに参加(自宅などのパソコンからプレイ可能)
  2. 12月末あるいは2005年1月から開始予定の“限定オープンβテスト”以降に、契約ネットカフェにおいて店内からテストに参加(ネットカフェ内でのみプレイ可能)

のいずれかとなる。限定オープンβテストに移行した段階で、新たに参加できるのはYahoo! BB会員のみとなるので注意が必要。



外見も能力も人間に近いという“ニューター” 勇ましい外観ながら争いを好まない種族“パンデモス”
外見も能力も人間(human)に近いという“ニューター(Newtar)”勇ましい外観ながら争いを好まない種族“パンデモス(Pandemos)”
自然を愛するマスコット的な種族“エルモニー” 他種族との交流を好まない、美貌の種族“コグニート”
自然を愛するマスコット的な種族“エルモニー(Elmony)”他種族との交流を好まない、美貌の種族“コグニート(Cognite)”
ゲーム画面とキャラクターたち

この仕組みを採用した理由について、BBサーブの孫氏は、「オンラインゲームの市場を大きくしていきたいと、BBサーブ設立から標榜してきたが、すべての人たちに広く浅くサービスを提供するのは、現在の(オンラインゲームの)黎明期においては動きが遅くなってしまう。そこで、Yahoo! BB会員に限定することで、オンラインゲームに傾倒するユーザー、オンラインゲームに最適な環境を持つユーザーに、マーケティング戦略などでより強く訴求していくことができると考えたため」と説明する。記者から、「ほかのISP利用者には間口が狭く、敷居が高いと感じられるのではないか? @niftyの“コンテンツ会員”(@nifty以外のISPユーザーが、ゲームや動画配信などのコンテンツを利用する場合の決済手段としてのみ@niftyを利用できるユーザー登録システム)のような手段を導入しないのか?」と質問されると、「ゲームに積極的に参加しようとするユーザーは、最初の1ヵ月で多くが参加すると見込んでいる。登録後にしばらくゲームを中断していてもユーザー登録は有効なので、その後再び遊びたくなっても参加できない、といった混乱はない。また、コンテンツ会員のようなシステムは今後オンラインゲームで必要になるだろうとは考えており、社内でも視野に入れて検討しているが現段階では具体的なプランはない」と回答した。

キャラクターの衣装/防具やアクセサリーも多数用意されるようだ
キャラクターの衣装/防具やアクセサリーも多数用意されるようだ

なお、Master of Epicは海外展開も検討しており、「すでに中国向けへのローカライズ作業に入っている。中国での展開は早くて来年夏ごろになるだろう」(工藤氏)と話す。中国以外では、韓国台湾への配信オファーもきているとのこと。

Master of Epicの動作環境(オープンβテスト時点でのもの)は、対応OSがWindows 98/98 SE/Me/2000/XP。動作環境はCPUがPentium III-500MHz以上(Pentium 4-2GHz以上を推奨)、メモリー128MB以上(512MB以上を推奨)、HDD空き容量が3GB以上、回線速度は32kbps以上(64kbps以上を推奨)で、グラフィックスアクセラレーターとしてビデオメモリー16MB以上(64MB以上を推奨)を搭載し、DirectX 8.1対応カードが必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン