このページの本文へ

日本語版が品薄状態!今度はレーザーコードレスマウス「MX1000」の英語版が!

2004年10月19日 21時41分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 15日に登場した、トラッキングにレーザー光を採用したロジクールの新型コードレスマウス「MX1000」。秋葉原でも少数ながら日本語版が出回っていたが、絶対数が少なくどこも完売。今週に入っても状況は変わっていないが、同製品の輸入英語版を販売するショップが現れた。

今回秋葉原に登場した「MX1000」の英語版パッケージ。ドライバが英語版ということ以外は、機能も付属品も変わらない

 今回販売を開始したのはフェイスで、価格は8270円。同店のサイトで日本語版が8770円で販売されているので500円ほど安い。付属のソフトは英語版となる。もちろん、Logitech日本法人であるロジクールによるサポート・保障は受けられないという点は注意だ。
 パッケージは、英語版のほうが横幅が長くなっているのが特徴。秋葉原では以前にもロジクールの光学式コードレスマウス「Cordless MouseMan Optical(ZM-100)」の出荷量が少なく、同じように英語版を販売したということがあったが、今回の状況はそれとそっくりだ。

こちらが品切れ状態の日本語版。英語版に比べてパッケージのサイズが小さいことがわかる
※国内代理店より、ロジクールによるサポート・保障は受けられないという指摘を受け、記事内容を訂正いたしました。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ