このページの本文へ

神田明神でファッションイベントが!衣装を“ビッダーズ”でチャリティーオークションに!

2004年10月15日 23時28分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イベントプロデューサーや演出家、スタイリストなどにより運営されているコモン・スレッズ ジャパン実行委員会と特定非営利活動法人の難民を助ける会は15日、ファッションイベント“コモン・スレッズ ジャパン 2004”を東京都千代田区で開催した。参加したデザイナーは東京コレクションに参加するモード系をはじめ、ストリートブランドなどのデザイナー33名。古着の着物をリメイクした作品72点(メンズ5点、レディース45点、ファッション小物22点)が披露された。今回のイベントで披露された作品は、(株)ディー・エヌ・エーが運営するオークション&ショッピングサイト“ビッダーズ”でオークションにかけられる。携帯サイト“ポケットビッターズ”からもオークションに参加することが可能だ。オークションの期間は31日23時までとなっている。

受付 1000人以上が来場
ファッションイベントが開催されたのは神田明神。1000人以上が来場した

同イベントが開催された場所は神田明神とユニークだ。この開催地についてスタッフは「作品が着物のリメイクということで、日本の伝統文化を伝えるのにふさわしい場所を探していた。神田明神は江戸文化の象徴でもあり、神社側とも意見が一致した」と話した。夜の19時半からはじまったイベントには、ファッション関係者や報道陣など1000人以上がつめかけた。

境内の御神殿には和太鼓が設置されイベント開始とともにライトアップ。時には現代風の音楽やバイオリンの演奏がされる幻想手な雰囲気のなか、モデルが登場していった。“ビッダーズ”で別途開催されるオークションに出品予定となっているソニー(株)の“ロケーションフリーテレビ”『エアボード LF-X1』を持って登場するモデルの姿も見られた。

“ロケーションフリーテレビ”『エアボード LF-X1』を持って登場するモデル “ロケーションフリーテレビ”『エアボード LF-X1』を持って登場するモデル
別途オークションに出品されるソニー(株)の“ロケーションフリーテレビ”『エアボード LF-X1』を持って登場するモデルも
ファションショー 古着のリメイク
古着の着物をリメイクした作品72点が披露された

同イベントは今回の東京を皮切りに、イギリスのロンドン、オーストラリアのブリスベーンでも開催予定となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン