このページの本文へ

回転数と軸受けが選べる全5種類! 9cm角中・低速ファンが長尾製作所から

2004年10月12日 21時31分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長尾製作所の設計、XINRUILIANの製造による中低速9cm角ファンが、10日より高速電脳で販売されている。

長尾製作所の設計、XINRUILIANの製造による9cm角ファンの5製品

 長尾製作所の9cm角ファンは、軸受けと回転数により全5種類のバリエーション。サイズは共通で90(W)×90(D)×25(H)mmで、軸受けにスリーブベアリングを使用する「RDL9025S(2000rpm/24.39dB)」「RDM9025S(2500rpm/29.22dB)」と、ミネベア製2ボールベアリングを使用する「RDL9025B-L(1600rpm/21.62dB)」「RDL9025B(2000rpm/25.46dB)」「RDM9025B(2500rpm/29.98dB)」の5種類が販売されている。1600rpmのものは“9cm超低速ファン”、2000rpmは“9cm低速ファン”、2500rpmは“9cm中低速ファン”と回転数によって製品名が分けられており、型番の最後に“S”が付けばスリーブベアリングを、“B”が付けミネベア製ボールベアリングを使用した製品となる。パッケージが似ているため、購入時には注意が必要だ。価格はスリーブベアリングタイプが924円、ミネベア製2ボールベアリングタイプが1134円。

型番の最後に“B”が付けば、軸受けにミネベア製ボールベアリングを、“S”が付けばスリーブベアリングを使用しているスリーブベアリングを軸受けに使用した「RDM9025S」

 また、山洋電気製の8cm角ファン「109R0812G401 SanAce」も同日から販売が始まっている。回転数が4500rpmと、同社のファンの中では高回転なのが特徴。サイズは80(W)×80(D)×25(H)mmで、軸受けは2ボールベアリング。ノイズレベルは40dBで、耐久時間は4万時間。価格は2415円。

4500rpmの回転数をほこる「109R0812G401 SanAce」
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ