このページの本文へ

アルミ製廉価版!ヒートパイプ式CPUクーラー「HT-101Jr」がAerocoolから

2004年10月07日 23時54分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Aerocoolから、ヒートパイプを採用したCPUクーラー「HT-101Jr」が登場した。代理店はサイズ。今年2月に登場した「HT-101」の廉価版にあたる製品だ。

三菱化学製DVD+R DLメディア5枚入り
Aerocool製CPUクーラー「HT-101Jr」

 基本的な構造は「HT-101」と同様、ベースから立ち上がった3本のヒートパイプが上フィンを貫くというもの。「HT-101」からの変更点は、ベースとフィンの素材が銅からアルミになったことと、ダクトがクリアブルーからブラックになり、LEDによる発光ギミックも省かれたこと。ファンは8cm角もしくは7cm角が装着可能で、パッケージには8cm角ファンが1基付属する。ダクトの反対側にもう1基ファンを装着してデュアルファン仕様とすることも可能だ。同梱のファンは回転数2500rpm、騒音値24.6dBA。Socket 462/478/752/754/939に対応。価格はスーパーコムで3780円、CUSTOMで3980円。「HT-101」に対し約4000円低価格となっている。

素材は銅からアルミへ」 スペック
今年2月に登場した「HT-101」の廉価版にあたる製品で、素材は銅からアルミへ。発光ギミックも省かれている同梱のファンは回転数2500rpm、騒音値24.6dBA。Socket 462/478/752/754/939に対応
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ