このページの本文へ

ソニー、20GBのHDDを内蔵した“ネットワークウォークマン”のカジュアルカラーモデル『NW-HD2』を発売

2004年09月29日 17時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は29日、20GBの1.8インチHDDを内蔵したポータブルオーディオプレーヤー“ネットワークウォークマン”『NW-HD2』を10月10日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は4万円前後。

ピンク ブルー シルバー
ピンクブルーシルバー
『NW-HD2』

『NW-HD2』は、7月に発表した“ウォークマン”誕生25周年記念モデルのネットワークウォークマン『NW-HD1』から、1.5インチ液晶ディスプレーのELバックライトをグリーンからブルーに、本体カラーをカジュアルテイストのシルバー&ブラック/ブラックからピンク/ブルー/シルバーに変更したモデルに相当する。本体サイズと重量は『NW-HD1』と同じで、幅89.2×奥行き14.3×高さ63.4mm(最薄部12.6)、重量は約110g。重力加速度センサー“Gセンサー”や“耐衝撃ダンパー”も搭載している。パソコンとの接続や充電は、『NW-HD1』ではUSBクレードルを利用したが、『NW-HD2』では付属のUSBケーブルとACアダプターを接続できる“変換アダプター”を利用するようになった。急速充電に対応しており、1時間で約80%、3時間でフル充電が行える(USBバスパワーでの充電には非対応)。

音声圧縮方式にはATRAC3plus/ATRAC3を採用し、SonicStageではWAV/MP3(32k~320kbps)/WMAにも対応可能。HDDには、音楽圧縮方式ATRAC3plus(48kbps)の場合、約1万3000曲ぶんを記録できるという。サンプリング周波数は44.1kHz。周波数特性は20~20kHz。電源は内蔵リチウムイオン充電池とACアダプターを利用可能。充電池での連続再生時間はATRAC3plus/48kbpsで約30時間。パソコンとのインターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed)に対応。

製品には、ヘッドホン(コード長1.2m)、キャリングポーチ、アプリケーションとして音楽ファイルの管理/再生を行なうソフト『SonicStage Ver.2.1』が付属する。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE。対応機種はPentium II-400MHz以上を搭載したPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン