このページの本文へ

“Hance Rapids”採用でPCI-Xスロットをサポート!リコー製Pentium M対応マザー!

2004年09月25日 21時56分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 South Bridgeに“6300ESB(Hance Rapids)”を採用する、Pentium M対応マザーボードが登場した。「FB8M」というリコー製のMicro ATXマザーボードだ。

「FB8M」 “RICOH”の文字
リコー製のPentium M対応マザーボード「FB8M」基板にもしっかりと“RICOH”の文字が確認できる

 この製品の特徴は、“6300ESB(Hance Rapids)”を採用したことで、64bit/66MHz PCI-Xスロットをサポートするところ。拡張スロットには、ほかにAGPスロットも用意されており、全体の構成はAGP、PCI-X、PCI×2、DDR DIMM×2(PC2700/2GBまで)というものになる。そのほか、North Bridgeには“i855GME”を搭載。オンボードインターフェイスにはチップセット統合のVGAやサウンド、Serial ATA、10/100Base-Tイーサネットを装備している。

6300ESB(Hance Rapids) 拡張スロット
South Bridgeに“6300ESB(Hance Rapids)”を採用するPCI-XスロットのほかにAGPスロットも装備
ファンレス仕様 ブラケット部
CPUにアルミ製ヒートシンクのみを装着したファンレス仕様(電源はファン付き)で動作。見ずらいが、透明のプラスチック製ダクトを装備している背面のブラケット部。チップセット統合のVGAやサウンド、10/100Base-Tイーサネットを装備

 現在、デモ中のドスパラ秋葉原2号店 Prime館では、CPUにアルミ製ヒートシンクのみを装着したファンレス仕様(電源はファン付き)で動作している。ただ、残念ながらマザー単体での販売予定はなく、CPUやHDD、ドライブなどをあらかじめ搭載したショップブランドPCとしての販売となる予定だ。採用するCPUのモデルなど仕様についての詳細は決まっていないが、価格は約10万円になるとのこと。発売は10月を予定している。

ケース 内部
採用ケースはスリムタワータイプとなるようだ採用するCPUのモデルなど仕様についての詳細は決まっていないが、価格は約10万円になるとのこと。発売は10月を予定している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ