このページの本文へ

『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』&『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』

『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』&『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』

2004年09月25日 03時36分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)アスキー/(株)エンターブレインより、世界で2000万部を売り上げたファンタジー小説シリーズ『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』、同じく世界で5000万部を売り上げたファンタジー小説シリーズ『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』が、本日同時発売された。Amazon.co.jpほか、アスキーストアなどで購入可能。

 ともに、2002年4月に刊行が開始された“アスキー D&Dスーパーファンタジー”シリーズの中の一作に位置づけられるが、新作『アイスウィンド・サーガ』は同シリーズとしては初めて、ソフトカバーの四六判サイズで刊行され、小学生でも楽に読める平易な翻訳文を採用しているのがこれまでと大きく異なる特徴となっている。なお、D&Dとは、RPG(ロールプレイングゲーム)の元祖として知られる“ダンジョンズ&ドラゴンズ(Dungeons&Dragons)”の略称である。“D&Dスーパーファンタジー”の売りは、

  1. 今なお全米で400万人以上のユーザー数を誇るD&Dの、世界一膨大で緻密な世界設定を使った“葉っぱ一枚ゆるがせにしない”リアリティあふれる世界観
  2. そこを大冒険しながら旅する、全米の読者たちが実際の友人のように身近に感じるほどに人間味あふれる登場人物たち

の2点となっている。



どきどき冒険ファンタジーシリーズ
『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』

『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』表紙
『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』 R.A.サルバトーレ 著/風見潤 訳 定価945円/四六判ソフトカバー/全256ページ/ISBN4-7577-1939-6 ダークエルフの二刀流剣士ドリッズト、魔法の黒豹グエンワイヴァーらが活躍する世界2千万部D&Dファンタジー小説シリーズ!! スター・ウォーズ小説などを手がける米国の超人気作家、最大のベストセラー作品!!
 新シリーズである『アイスウィンド・サーガ 1 悪魔の水晶』は、スターウォーズ小説なども手がける米国の人気作家R.A.サルバトーレ(R.A.Salvatore)の処女作にして最大のヒット作の第1弾。米国で2000年に刊行された『Icewind Dale Trilogy Collector's Edition』の初邦訳であり、『ダークエルフ物語』(全3巻/『アイスウィンド・サーガ』以前の主人公ドリッズトの活躍を描いた続編/アスキー/エンターブレインより発売中)をふまえてのストーリーの書き足しなども施こされている、いわば“完全版“である。第1巻のストーリーは以下のようになっている。

 悪と裏切りが支配する地下の故郷メンゾベランザンを逃げだしたダークエルフの青年ドリッズトは、慣れ親しんだ地下世界アンダーダークをも捨て、ようやく心や安らげる地上の土地“氷風の谷(アイスウィンド・デイル)”にたどりついた。しかし、そこでは野蛮人(バーバリアン)たちが大群を集めて戦争を計画しており、さらには魔界のデーモンですら従わせる強大な力を持った“魔法の水晶”を手にいれた魔術師が、着々と力を蓄えつつあった……ダークエルフ族であることから人々に疑われ、嫌われながらも正義を貫き、友情をはぐくむドリッズトとその仲間たちの大冒険をえがくファンタジー巨編!! 小説家 風見潤氏によるかつてないほど読みやすい文章にも要注目!!



ドリッズト(ドリスト)・ドゥアーデン
ダンジョンズ&ドラゴンズの“Forgotten Realms(フォーゴトン・レルム)”世界の大人気キャラ“ドリッズト(ドリスト)”が『アイスウィンド・サーガ』の主人公である。あくどさで悪名高いダークエルフ族の一員であるため、みんなに疑われている孤独な青年。二刀流の天才剣士で、魔法も使う

 なお、主人公ドリッズト(ドリスト)・ドゥアーデンはD&Dの世界のひとつ“Forgotten Realms”(フォーゴトン・レルム/忘れられた領域)におけるもっとも有名でもっとも愛されているキャラクターの一人で、魔法も使える二刀流の孤高の剣士として“バルダーズ・ゲート”などの各種パソコン&コンシューマゲームにも登場、人気を博している。



ドラゴンランスシリーズの最新作
『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』

『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』表紙
『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』 M・ワイス&T・ヒックマン 著/安田均 訳 定価2079円/A5変型ハードカバー/全320ページ/ISBN4-7577-2006-8 世界5千万部ファンタジー、いよいよ佳境へ!! 世界中のファンの間でも、大魔法使いレイストリンを愛する者と憎む者とをはっきりへだてた、もっともおぞましい衝撃のストーリーが展開する第4巻!! 注釈付き完全版
 もう一方の新刊『ドラゴンランス伝説 4 レオルクスの英雄』は、世界でもっとも売れているRPG小説である『ドラゴンランス』(全6巻)の続編で、対をなすストーリーが展開する『ドラゴンランス伝説』の第4巻。アスキー版は、米国で2003年に刊行された『Dragonlance : The Annotated Legends』の初邦訳で、“シリーズ最高傑作”との呼び声も高い『ドラゴンランス伝説』に原著者が追加説明や創作秘話、付録資料などを大幅に書き足した新作となっている。

 史上最強の暗黒魔術師となるべく、現在と過去を旅するレイストリンの正体と真の野望とは? その双子の兄である心優しき戦士キャラモンはレイストリンを悪の道から救えるのか? そして“大変動”はなぜ起こったのか?──など、前作で語られなかったすべての謎が明かにされる感動巨編で、このたび発売された第4巻では物語はいよいよ佳境へと突入。主人公である大魔法使いレイストリンが、ある重要人物を殺害し、また別の愛すべき登場人物を拷問にかけるシーンが描かれるなど、屈指の“おぞましい”シーンが連続する。第3巻で、兄弟愛を取り戻したかにみえた双子の兄弟の愛と憎しみ――その葛藤が、壮大なる剣と魔法の世界の中で描かれる、『ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)』などのファンタジー・ファン必読の一冊である。





 この新刊の2冊、今月1日に初版290万部で刊行された巨人『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に席巻された書店店頭でどれだけ健闘できるのか、注目である。なお、続く『アイスウィンド・サーガ 2 ドラゴンの宝』『ドラゴンランス伝説 5 黒薔薇の騎士』は2004年11月19日(金)に同時発売となる予定である。

ポスターなんばかつゆき氏によるこのような楽しい広告が、ファミ通、週刊アスキーに掲載の予定である

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン