このページの本文へ

「iPod/iPod mini」両対応!予価約1万円!プリンストン製クレードル兼用スピーカーシステムが近日発売

2004年09月17日 23時02分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンストン製の「iPod」シリーズ用クレードル兼スピーカーシステム「PSP-3121P」の展示がツクモパソコン本店ではじまっている。全ての「iPod」シリーズ製品に対応し、予価約1万円というリーズナブルな価格が魅力だ。

「PSP-3121P」 背後にはサブウーファー
「iPod」シリーズ用クレードル兼スピーカーシステム「PSP-3121P」「iPod」本体の背後にはサブウーファーが。青色LEDで「iPod」本体を左右から照らすというギミックも

 写真のように、左右のスピーカーの間に「iPod」本体を立てて使用するというスタイルで、「iPod」本体の後方にはサブウーファーが位置することになる。使用しない時にはサブウーファー部分を回転させて左右のスピーカーの間に折り畳むことが可能で、持ち運ぶ際にもかさばらないようになっている(この時のサイズは195.9(W)×35(D)×138(H)mm)。「iPod」の台座となるパーツを交換することで、各世代の「iPod」、さらに「iPod mini」にも対応する。スピーカーのスペックは直径32mm、出力3W+3W。サブウーファーは直径63mm、出力6W。
 電源はACアダプタもしくは単3乾電池4本。PCと「iPod」を接続し充電も行うクレードルの機能も持っており、USB接続とIEEE1394接続の両方に対応。キャリングケースが付属。ツクモパソコン本店での予価は9800円となっており、発売は9月末予定。同店では明日18日(土)より3日間展示を行う予定とのこと。

サブウーファーを折り畳んだ状態 ACアダプタ
サブウーファーを折り畳んだ状態。持ち運びにも便利ACアダプタが付属するが、乾電池での動作も可能
台座パーツ 予価は9800円
台座となるパーツを交換することで、各世代の「iPod」、さらに「iPod mini」にも対応パッケージ。予価は9800円とリーズナブル
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ