このページの本文へ

エー・アイ・ソフト、統合圧縮/解凍ソフト『ファイルコンパクト Central Edition』を発売

2004年09月17日 19時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エー・アイ・ソフト(株)は17日、統合圧縮/解凍ソフト『ファイルコンパクト Central Edition』のライセンス版の販売を10月1日に開始すると発表した。価格は1ライセンスあたり5700円から(税別)。ダウンロード版も用意し、10月15日に販売を開始する。ダウンロード版は7800円(税別)で販売する。

PDFのプロパティー設定 暗号化設定
PDFのプロパティー設定暗号化設定
画面イメージ

『ファイルコンパクト Central Edition』は、2003年2月に発表した圧縮/解凍ソフト『ファイルコンパクトVer.5』に、PDFファイルへの変換機能と、ファイルの完全抹消機能“パーフェクトクリーナー”を搭載したパッケージ。

PDFファイルへの変換機能として、同社のPDF変換ソフト『pdMaker Office』の上位版となる『pdMaker for Office Professional』を搭載し、Word/Excel/PowerPointのファイルなどをワンボタンでPDFファイルに変換できるのが特徴。PDFに変換してメールに自動添付することもできる。PDFのセキュリティー機能として40bit/128itの暗号化に対応しており、印刷/テキストコピー/文書変更などの制限を設定することもできる。“パーフェクトクリーナー”は、ファイルやフォルダーをワンタッチで完全消去する機能で、ごみ箱のファイルもワンタッチで消去できる。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98。

ライセンス版では、企業向けの機能として、Active DirectoryのGroup Policyに対応したカスタマイズ機能をサポートしているほか、サイレントインストールやActive DirectoryのIntelliMirror配布にも対応。PDF変換の設定コントロールインターフェース情報も要望があれば提供するという。

製品パッケージ『ファイルコンパクト Central Edition』

同社では併せて、はがき作成ソフト『デジカメde!!はがき楽房』を10月22日に発売することも発表した。直販サイト“ショップ ai2you”でダウンロード販売する。価格は1575円。

同ソフトは、デジタルカメラで撮影した写真データを使って似顔絵を作ったり、背景を切り抜いたりして、年賀状などの作成に利用できるのが特徴。はがき用フレームを418点(年賀状用270点)、クリップアートを1875点(うち干支など515点)、アウトラインフォントを20点収録する。対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me/98 SE。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン