このページの本文へ

グリーンハウス、ネコ型の15インチ液晶ディスプレー“i-Mii”を発売

2004年09月14日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)グリーンハウスは14日、ネコ型の15インチ液晶ディスプレー“i-Mii”として、本体が蛍光グリーンの『GH-CATG150SG』と蛍光オレンジの『GH-CATG150SO』の2モデルを発売すると発表した。10月下旬に出荷を開始する。価格はオープン。編集部による予想販売価格は4万5000円前後。

2モデル
『GH-CATG150SO』(左)と『GH-CATG150SG』(右)

“i-Mii”は、耳をスピーカーに、スタンドを足とシッポに見立てたネコをイメージした液晶ディスプレー。最大解像度は1024×768ドット(XGA)で、1619万色相当の表示が可能。画素ピッチは0297mm。輝度は400cd/2、コントラスト比は400:1、応答速度は25ms。視野角は上65度/下60度/左右140度。入力はアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)で、水平同期周波数は30k~60kHz、垂直同期周波数は55~75Hz。画面調整はジョイティックボタンで行なうようになっている。本体サイズは幅433.0×奥行き425.1×高さ61.8mm、重量は3.2kg。ステレオスピーカー(1W+1W)を内蔵する。電源はAC100VでACアダプターを利用する。消費電力は最大25W(省電力モード時4W以下)。本体背面には、ケーブル取り付け用フックとカバーが用意されている。

本体側面本体側面

対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX、Power Macintosh。同社では、幼稚園や小学校、子供のいる家庭向けに販売するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン