このページの本文へ

東京フォレックス、オフィスソフト付きのLinux/Windowsマルチブートデスクトップパソコン『Linasis J Multi』を発売

2004年09月10日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京フォレックス・フィナンシャル(株)は10日、LinuxとWindowsのマルチブートデスクトップパソコン『Linasis J Multi(リナシス ジェイ マルチ)』の販売を同日付けで開始すると発表した。14.1インチ液晶ディスプレーが付属し、価格は10万2900円。

『Linasis J Multi』
『Linasis J Multi』

『Linasis J Multi』は、OSにTurbolinux 10 Desktop BasicとWindows XP Home Editionをマルチブートできるようにしたデスクトップパソコンで、オフィスソフト『StarSuite 7』(Linux版、Windows版)の永続ライセンスと、14.1インチ液晶ディスプレーが付属するのが特徴。CPUはAthlon XP 2000+-1.67GHz、チップセットはVIA KM266+VT8235で、HDDは80GB、メモリーは256MB、光ドライブはDVD±R/±RWドライブ(DVD±R書き込み8倍速/DVD±RW書き換え4倍速/CD-R書き込み32倍速/CD-RW書き換え16倍速/DVD-ROM読み出し12倍速)、3.5インチFDDを搭載する。インターフェースは、USB 2.0×6(前2、後4)、パラレル、10/100BASE-TX、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、PS/2×2などを装備する。電源容量は350W。本体サイズは幅198×奥行き430×高さ365mm。14.1インチ液晶ディスプレー、キーボード、マウス、スピーカーが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン