このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ハドソンが『桃太郎電鉄USA』のCMタレントを発表!──若槻千夏らが公約宣誓式

2004年09月11日 02時05分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PS2『桃太郎電鉄USA』のパッケージポスター
PS2『桃太郎電鉄USA』のパッケージポスター

(株)ハドソンは10日、都内で記者発表会を開催し、11月中旬発売予定のプレイステーション2対応ボードゲーム『桃太郎電鉄USA』のCMタレントに、お笑いタレントの陣内智則さんとグラビアアイドルの若槻千夏さん、コスプレロックバンド“サイコ・ル・シェイム”を起用すると発表。併せて、販売50万本達成の際の公約宣誓、CM撮影が行なわれた。

『桃太郎電鉄USA』は、サイコロを振って日本全国を巡るボードゲーム“桃太郎電鉄”シリーズの最新作。今回舞台をアメリカに移しアメリカ全土を巡って争うのが特徴。今回の発表は、前作『桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー!』の販売本数45万本を超える50万本を達成した暁に、CMタレントがおのおのの公約を実行するというもの。



■「100万本達成の暁には、CMタレントに…」大里氏も公約!?

会場には同社取締役専務執行役員の大里幸夫氏、同シリーズゲーム監督のさくまあきら氏、同シリーズのキャラクターデザインを担当する土居孝幸氏らが登場しゲームの内容や目標とする販売本数についてトークが行なわれた。

大里幸夫氏、土居孝幸氏、さくまあきら氏
左から同社取締役専務執行役員の大里幸夫氏、キャラクターデザイン担当の土居孝幸氏、ゲーム監督のさくまあきら氏

大里氏は「ゲーム業界は非常に経営が苦しい状態、その中で桃鉄シリーズは通算1000万本以上出荷しているし、ポリシーをもって作っている。今後14、15、20…とさくまさんの知恵が続く限り作っていただきたい」と今後の意気込みも語った。50万本という今作の目標について「前作は43万本売れたので40万本は必須。最終的には65万本いけたらうれしいですね。100万本いったらラッキーです」と笑いながら答えた。また、「今回CMタレントが50万本売れた場合の公約をするのですが、ハドソン的な公約はありますか」との質問には「50万本売れたら、CMタレントをラスベガスに“ビジネスクラス”で招待します。さらに65万本売れたら“ファーストクラス”で招待します。もし、100万本売れたらどこへでもつれていってあげます!」と語り会場をわかせた。

ゲームキャラクターのキングボンビー(左)と桃太郎ゲームキャラクターのキングボンビー(左)と桃太郎

ゲームの内容について土居氏は、今回舞台をアメリカに移した理由を「アメリカ版は桃鉄シリーズの初めのころから構想があったがなかなかできなかった。5年前ぐらいから本格的に開発し始め今回ようやく完成した」とコメント。「今回、変わったところでは」の質問に対しては「グランドキャニオンは3Dで作っていますし、従来、海を飛んでいた飛行機は、今回は陸の上を飛びます。また、月とか、今は言えないのですがものすごいところへも行けるようになりました」と答えた。「新しいキャラクターは出てきますか?」の質問に対し、土居氏が「大富豪“ビルゲ○ツ”や“キングボンビー”のパワーアップ版“スペースボンビー”なども出てきます。」とアメリカ版ならではのキャラクターを説明した。

■CMタレントが公約を宣言!──陣内さんはカジノで…!?

出席者。手前左から陣内智則さん、若槻千夏さん。奥左からサイコ・ル・シェイムのYURAサマ、seek、DAISHI、AYA、Lida

続いて、今回CMに起用されるタレント陣内智則さん、若槻千夏さん、サイコ・ル・シェイムがCM撮影時の衣装で登場した。陣内さんと若槻さんは、赤いスーツに白いラインが入っているゲームに登場する“桃太郎”をイメージした派手な衣装。サイコ・ル・シェイムのメンバーは全員で新作『夢風車』のコスチュームで童話『ももたろう』をイメージした衣装だった。これを見た陣内さんは「自分の衣装もかなり派手だと思ったのにサイコ・ル・シェイムのコスチュームの前では地味に見える」と苦笑。若槻さんはサイコ・ル・シェイムのなかでも特に目立っていたseekさんを見て「私もピンクに塗りたかったー!」と悔しがった。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン