このページの本文へ

初のSerial ATA II対応インターフェイスカードがPromiseから

2004年09月04日 20時31分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Promise Technologyから、初のSerial ATA II対応インターフェイスカードが登場した。ラインナップは4チャンネルのPCIモデル「SATAII150 TX4」と8チャンネルのPCI-Xモデル「SATAII150 SX8」の2製品だ。

ラインナップ NCQサポート
ラインナップは4チャンネルのPCIモデル「SATAII150 TX4」と8チャンネルのPCI-Xモデル「SATAII150 SX8」の2製品パッケージには、Serial ATA IIの注目機能であるNCQサポートの文字も確認できる

 Serial ATA II対応のHDDは、Maxtor製3.5インチHDD“Maxline III”シリーズをはじめとして、Seagateなどからも発売されており、今回のインターフェイスカードと合わせて、ようやく使用環境が整ったことになる。パッケージには、Serial ATA IIの注目機能である、効率的なデータアクセスを行うNCQ(Native Command Queuing)サポートの文字も確認できる。入荷したのはUSER'S SIDE本店で、4チャンネルのPCIモデル「SATAII150 TX4」が9240円、と8チャンネルのPCI-Xモデル「SATAII150 SX8」が2万9240円となっている。

「SATAII150 TX4」 「SATAII150 SX8」
4チャンネルのPCIモデル「SATAII150 TX4」8チャンネルのPCI-Xモデル「SATAII150 SX8」
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ