このページの本文へ

殻付きOK!DVD-RAM5倍速!アイ・オー・データ機器からPanasonic製ドライブを採用する「DVR-ABM8C」が!

2004年09月01日 23時26分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器から、Panasonic製ドライブを採用したカートリッジ式DVD-RAM5倍速対応記録型ドライブ「DVR-ABM8C」が登場した。同製品が採用するドライブの型番は「SW-9573-C(松下寿電子工業)」。

SW-9573-C 本体
カートリッジ式DVD-RAM5倍速対応記録型ドライブ「DVR-ABM8C」が採用するドライブの型番は「SW-9573-C(松下寿電子工業)」7月に発売されたPanasonic「LF-M721JD」と同じスペックとなる

 スペックはDVD-RAM書き込み最大5倍速、DVD+R書き込み最大8倍速、DVD+RW書き換え最大4倍速、DVD-R書き込み最大8倍速、DVD-RW書き換え最大4倍速、CD-R書き込み最大24倍速、CD-RW書き換え最大16倍速、DVD-ROM読み出し最大12倍速、CD-ROM読み出し最大32倍速、DVD+R DL読み出し最大8倍速、バッファ容量2MBというもので、これは7月に発売されたPanasonic「LF-M721JD」と同じものだ。なお、付属ソフトには、DVD-Video作成ソフト「Ulead DVD MovieWriter 3 SE for I-O DATA(with VR)」、ライティングソフト「B's Recorder GOLD BASIC 7」、パケットライトソフト「B's CLiP 6」、アルバム作成ソフト「Photoshop Album 2.0 Mini」、同社製のトレイコントロールソフト「M-Tray(見張っトレイ)」が付く。価格はクレバリー1号店で1万8658円、TSUKUMO eX.で1万9800円となっている。
 なお、同じく「SW-9573-C(松下寿電子工業)」を採用する製品として、プレクスター「PX-605A/JP」もあり、こちらも今週中の発売が予定されている。

トレイ開放 パッケージ
カートリッジ式DVD-RAMを好んで選択するユーザーは多い。そういうユーザーにとっては、注目の製品だパッケージには、「カートリッジタイプのRAMが使える!!」と記載されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ