このページの本文へ

インターチャネル、総合セキュリティーソフト『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ』を発売

2004年08月24日 17時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターチャネルは24日、総合セキュリティーソフト『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ』を10月8日に発売すると発表した。価格は2980円。2ユーザーのライセンスを含む『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ 2ユーザパック』(4980円)と、5ユーザーの『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ 5ユーザパック』(1万500円)もラインアップする。

画面1 画面2
スパム(迷惑)メールにも対応ファイアーウォールの設定

『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ』は、ウイルス対策機能、不正侵入対策(パーソナルファイアーウォール)機能、スパイウェア対策機能、個人情報保護機能などによる総合セキュリティー対策が行なえる統合ソフト。メモリー消費量が少なく、安定して動作するという独自の“特定位置判別法”を採用したのが特徴。ウイルス対策では、ウイルス感染者追跡機能やスタートアッププログラム監視などにも対応し、不正侵入対策では、プログラムごとの通信制御やファイル共有制御などもサポートする。ウイルス定義ファイルについては、開発元の韓国アンラボ(Ahnlab)社が新型ウイルスの情報を常時収集して解析し、緊急時には定義ファイルを1日に2~3回アップデートしており、アジアで発生した新型ウイルスへの対応は業界でもトップクラスであるとしている。プロキシーサーバー環境に対応しており、企業や学校でも利用可能。低価格化を図っているため、複数ライセンスでも購入しやすくなっているという。

製品パッケージ『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ』 / (C)WARNINGMAN PROJECT Sony Creative Products Inc. Copyright(C) 2004 AhnLab, Incorporated.All rights reserved.

対応OSは、Windows XP/2000 Professional(SP1以上)/NT 4.0 Workstation(SP6a以上)/Me/98 SE/98/95(OSR2以降)。対応機種はPC/AT互換機。1年間の無料サポートが付属し、最新版への無料アップグレードも提供される。1年後の更新料は2100円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン