このページの本文へ

Sempron-3100+が店頭販売開始!

2004年08月21日 18時42分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月11日に突如販売がはじまった「Sempron-2600+」、「Sempron-2500+」、「Sempron-2400+」に続き、「Sempron-3100+」が本日より店頭に並んでいる。全7モデルの“Sempron”シリーズのうち、唯一のSocket 754対応製品として注目されていた製品だ。

Sempron-3100+
「Sempron-3100+」。パッケージは紙箱

 実クロックは1.8GHzと、Socket A最上位モデルの「Sempron-2600+(2.0GHz)」よりは落ちているが、ベースとなっているのはAthlon 64。64bit命令セットをサポートせず、2次キャッシュを256KB(Athlon 64は1MB/512KB)に減らしたものとなっている。1次キャッシュは128KBで変わっていない。OPNは“SDA3100AIP3AX”、Socket A版と比べるとシリーズ名称(“SDA”=デスクトップ用“Sempron”)こそ同じであるものの、モデルナンバーの後(Socket A版は“DUT3D”)は大きく異り、両者が完全な別物であることが読み取れる。AMDのデータシートによると“A”=Socket 754、“I”=動作電圧1.4V、“P”=動作温度70℃、“3”=2次キャッシュ256KBを示すものとなっており、末尾の“AX”はAthlon 64と同じ“CG”リビジョンコアの証だ。
 パッケージはSocket Aモデルがブリスターパッケージだったのに対し、Socket 939版Athlon 64から採用されている、CPU本体が見える窓が付いた紙箱。価格は下の表の通りで、1万5000円台でのスタート。ちなみにもう1000円ほど足せば「Athlon 64-2800+」が買えるという悩ましい価格でもある。

Socket 754 本体
現在のところ“Sempron”シリーズ唯一のSocket 754対応製品となるOPNは“SDA3100AIP3AX”、Socket A版に対し後半が全く違っている
価格 ショップ
AMD
Sempron-3100+
\15,193 クレバリー1号店
\15,300 ドスパラ秋葉原本店
\15,370 ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
\15,540 USER'S SIDE本店
\15,939 T-ZONE.PC DIY SHOP
\15,970 アーク
\15,980 TSUKUMO eX.
ツクモパソコン本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ