このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

キヤノン、一眼レフデジタルカメラの新製品『EOS 20D』を発表!9月下旬に販売開始予定

同時開発のアクセサリー

2004年08月20日 14時28分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■同時開発のアクセサリー

同時開発したアクセサリーとしてはスピードライト『580EX』、コンパクトバッテリーパック『CP-E3』、スピードライトブラケット『SB-E1』、コンパクトバッテリーマガジン『CPM-E3』、バッテリーグリップ『BG-E2』が紹介された。

製品名 価格(税別) 発売日
コンパクトバッテリーパック『CP-E3』 1万7000円 10月下旬
スピードライトブラケット『SB-E1』 2万2000円 10月下旬
コンパクトバッテリーマガジン『CPM-E3』 3500円 10月下旬
スピードライト『580EX』 5万5000円 10月下旬
バッテリーグリップ『BG-E2』 2万円 9月下旬

580EXのガイドナンバーは58。E-TTLII自動調光に対応するほか、AF補助光として全EOSに対応している。EOS 20DとEOS-1D Mark IIにのみ対応する新機能としては、画面サイズ対応自動ズーム機能がある。これは、カメラ側から画面サイズのデータを受信してストロボが画面サイズを認識、装着したレンズの有効撮影画角に合わせてストロボがテレ側にズーム移動することで、適切な配光を行なう機能だ。また従来製品の『550EX』では左右方向のバウンス(発光部回転)は90度までだったが180度まで可能になり、ロックも上下方向、左右方向ともにワンボタンで解除できるようになっている。本体電源は単3形のアルカリ、ニッケル水素、リチウム電池、4本に対応する。外部電源にはコンパクトバッテリーパック、積層パックも使用できる。

580EX 580EX装着
スピードライト『580EX』

コンパクトバッテリーパック『CP-E3』は従来の『CP-E2』に比べて、使用する単3電池が6本から8本に増えている。また、580EXに対応したスピードライトブラケット『SB-E1』は縦位置撮影に配慮したL字型ブラケットでキヤノンとしては初めて商品化した製品。ストロボを装着したまま電池交換が可能となっている。バッテリーグリップ『BG-E2』は バッテリーパック『BP-511A』が2本収納可能で、撮影可能枚数は約2万枚。詳細は不明だが、今回新たに単3乾電池にも対応しているとのこと。

コンパクトバッテリーマガジン『CPM-E3』 スピードライトブラケット『SB-E1』
コンパクトバッテリーマガジン『CPM-E3』スピードライトブラケット『SB-E1』
バッテリーグリップ『BG-E2』を装着したところ コンパクトバッテリーパック『CP-E3』
バッテリーグリップ『BG-E2』を装着したところコンパクトバッテリーパック『CP-E3』

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン