このページの本文へ

ソフト制御が可能に!クーラーマスターの5インチベイHDD冷却ケース「COOL DRIVE 6」!

2004年08月19日 23時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターの5インチベイ内蔵型HDD冷却ケース“COOL DRIVE”シリーズに、新製品「COOL DRIVE 6」が加わった。4チャンネルのファンコントロール機能が、付属のソフトと連動して使用できるのが特徴だ。

COOL DRIVE 6 パッケージ
“COOL DRIVE”シリーズの新製品「COOL DRIVE 6」価格は高くなったが、機能も増えた

 フロントのLCDパネルには、4カ所の温度表示やHDDアクセス状況、HDD残量が表示可能。もちろんLCDパネルの周囲に用意されたボタンでは、4つまでのファンのコントロールが可能だ。さらに付属のソフトを使用することで、前述と同様の操作がPCのモニター上で可能となっており、その表示方法も同社の3連メーター「Musketeer」を彷彿とさせるアナログ風となっている。
 また、HDD冷却ケースとしても進化を遂げており、HDDマウンター部には防振ブッシュを装着。ケースとHDD本体の熱伝導を高めるために熱伝導シートも付属している。前面に装備されている44mmのブローワーファンももちろん制御可能だ。価格はOVERTOPで9680円、ツクモパソコン本店で9980円、高速電脳で1万290円となっている。

LCDパネル 背面
フロントのLCDパネルには、4箇所の温度表示やHDDアクセス状況、HDD残量が表示可能こちらは背面。ヒートシンクの溝のような切込みが入れられている
付属のソフト アナログ風
付属のソフトを使用することでモニター上でも制御が可能となるモニターへの表示方法も同社の3連メーター「Musketeer」を彷彿とさせるアナログ風
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ