このページの本文へ

Soltekからフロントパネルが交換可能なキューブ型ベアボーンPCが!

2004年08月11日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SoltekからSocket A対応のキューブ型ベアボーンPC「EQ3704W」が登場した。製品自体はいたって普通のベアボーンPCなのだが、後日発売予定のオプションフロントパネルを使えば、自由に好みのカラーリングに変更できるというユニークな特徴がある。

オプションパネル 「EQ3704W」
オプションパネルは全部で4種類。標準で装備しているホワイトにブルー+ホワイト、シルバー+グレー、グレー+ダークが用意されているSocket A対応のキューブ型ベアボーン「EQ3704W」

 このオプションフロントパネルは全部で4種類。標準で装備しているホワイトの他、ブルー+ホワイト、シルバー+グレー、グレー+ダークが用意されている。現在、サンプルを展示中のクレバリー1号店によると「今月中に発売予定で、予価は3000円くらいになりそう」ということ。購入後なんとなく気に入らない、または気分転換にフロントパネルを交換などといった使い方ができそうだ。

フロントパネル 側面排気ファン
購入後なんとなく気に入らない、または気分転換にフロントパネルを交換などといったユニークな使い方ができそうだ同社のキューブ型ベアボーンではお馴染みの側面排気ファン

 その他の主な仕様は、チップセットに“KM400A + VT8237 ”を採用。拡張スロットはAGP×1、PCI×1、DDR DIMM×2で、ギガビットにVGA、サウンド、IEEE1394、Serial ATAをオンボード。キューブ型でありながら、5インチベイが2つという点も特徴のひとつだ。なお、電源は250Wを装備する。価格はクレバリー1号店で2万6248円、高速電脳で2万6800円となっている。

背面 搭載ベイ
ギガビットにVGA、サウンド、IEEE1394、Serial ATAをオンボードキューブ型でありながら、5インチベイが2つ搭載できる点も特徴のひとつだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ