このページの本文へ

“ヒートレーン”採用のCPUクーラーに新モデル!「FCS-50」が販売開始

2004年08月11日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先月登場した「NCU-2000」に続き、“ヒートレーン”を採用するというCPUクーラー「FCS-50」が登場した。

「FCS-50」 パッケージ
“ヒートレーン”を採用するというCPUクーラー「FCS-50」“ヒートレーン”を採用するとはいえ、「NCU-2000」と形状は全く異なる

 この「FCS-50」、一見ダクト構造のクーラーのような姿をしているが、その中は「NCU-2000」をそっくり小型化したものとなっている。“ヒートレーン”がヒートシンク部の外周を形成しており、その中にフィンが設けられ、搭載するファン(1300~4600rpm/15.1~46.0dB)で“ヒートレーン”の中に風を送り込む仕組みになっている。このほか、ファンはオプションで反対側にも装着が可能。なお、付属品としてファンコントロール用のつまみを備えた背面ブラケットが付く。対応CPUはSocket 370/A/478/754/940。価格はアークで5400円、高速電脳で5754円、OVERTOPで5800円となっている。

横から ファンコン
フィンを、搭載するファン(1300~4600rpm/15.1~46.0dB)で冷却する仕組み。外周を“ヒートレーン”が取り巻いている付属品としてファンコントロール用のつまみを備えた背面ブラケットが付く
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ