このページの本文へ

リクルート、エンジニアのボーナスが“デジタル景気で前年度10%増! ボーナス平均額66.7万円”と発表

2004年08月09日 16時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リクルートは9日、エンジニアの夏のボーナス支給額に関する調査結果を発表した。調査は、同社のエンジニア向けキャリアー情報提供サイト“リクナビNEXT Tech総研”において、エンジニア(25歳から45歳)を対象に、7月7日から15日にかけて実施したもので、有効回答数は500件。

それによると、平均支給額は66万7000円(税込み)で、前年度から6万3000円増えており、半数以上の58%が前年度よりボーナス額が増えたと答えている。“ソフトウェア/ネットワーク”と“電気/電子/機械”に二分した場合、“電気/電子/機械”のほうが増えており、支給額が100万円以上が19%に達しているだけでなく、満足度も高くなっている。

同社では、個人業績を反映させる企業の増加により、ボーナス額についての“満足度”には個人格差が大きく出ているとしており、“正当評価”を求めるエンジニアには、評価のギャップがさまざまな反応を生んでいる面もあるが、全体的には景気回復による支給額増に満足している様子がうかがえるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン