このページの本文へ

JSATとNTT Com、“サイバーセキュリティネットサービス(仮称)”の試験サービスを開始

2004年08月04日 22時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジェイサット(株)とエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)は4日、コンピューターウイルス対策用のパターンファイルやセキュリティーパッチを衛星回線経由で配信する“サイバーセキュリティネットサービス(仮称)”の試験サービスを12月1日に開始すると発表した。

提供イメージ
“サイバーセキュリティネットサービス(仮称)”の提供イメージ

“サイバーセキュリティネットサービス(仮称)”は、ネットワーク型ウイルスが大量に発生した場合、インターネットのトラフィックが急増するため、ウイルス対策ソフトのパターンファイルの更新やセキュリティーパッチの入手が困難になることがあることから、インターネットの混雑の影響を受けない衛星回線を利用して、ウイルス対策ファイルやセキュリティーパッチを確実/迅速に配信するサービス。12月に開始する試験サービスは、本格サービスに向けて、利便性の確認やニーズの掘り起こし、セキュリティーベンダーとの接続/配信形態の調整や、効率的な配信体制などを検証するために実施するという。

試験サービスでは、企業ユーザー向けに、衛星回線経由でウイルス対策ファイルやセキュリティーパッチを配信する。トレンドマイクロ(株)と連携し、より迅速に最新のウイルス対策ファイルを提供できる仕組みを構築する予定。同時に、企業独自の業務ソフトのパッチなどにも対応した配信サービスや、企業内LANの各端末に対するウイルス対策ファイル/セキュリティーパッチの管理サービスなども検討するとしている。試験サービスの期間は12月1日から2005年3月31日までの予定。

試験サービス終了後は、検証結果を基に、本格サービスの提供を開始するとしており、NTT Comのセキュリティーパッケージサービスのひとつとして提供する予定としている。

なお、試験サービスでは、JSATが衛星回線による配信ネットワークとユーザー宅内機器(アンテナ/受信パソコン/配信ソフトなど)を提供し、NTT Comはウイルス対策ファイル/セキュリティーパッチファイルなどの配信管理、配信用データセンターやサーバーシステムの構築、セキュリテーィベンダーとの接続と連携体制の構築を担当する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン