このページの本文へ

地上デジタル放送に対応!カノープス「MTVX2004HF」販売開始!

2004年08月03日 21時45分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MTVX2004HF」
カノープスの新型TVチューナ/ビデオキャプチャカード「MTVX2004HF」。

 カノープスの新型TVチューナ/ビデオキャプチャカード「MTVX2004HF」の販売がはじまっている。地上デジタル放送やBS/CSデジタル放送に対応したチューナーからの信号を取り込むため、著作権保護機能“CGMS-A(Copy Generation Managements System Analog)”に対応した注目の製品だ。



本体
「MTVX2004HF」本体。著作権保護機能“CGMS-A”に対応するのが特徴

 “CGMS-A”は、デジタルTVチューナーの出力信号に、“コピー制限なし/1回のみコピー可能(コピーワンス)/コピー不可”の3種類の属性を付加する著作権保護機能。「MTVX2004HF」では、同梱のTV視聴録画ソフト「FEATHER2004D」により、コピー制限なしもしくはコピーワンスの映像を、カード上に記録されているシリアルIDを利用して暗号化したMPEG2ファイルとして記録する仕組みとなっている。再生は、録画に使用した「MTVX2004HF」が搭載された環境で、「FEATHER2004D」を使用する場合にのみ可能。ファイルのバックアップを作成することは可能だが、ビデオ編集や他形式への変換は不可だ。



予約分で完売のショップも…
中には予約分で完売となってしまったショップも

 3D Y/C分離や3Dノイズリダクション、ゴーストリダクションなど、これまで“MTV”シリーズで採用されていた高画質化機能を引き続き採用。3D Y/C分離と3Dノイズリダクションを同時に使用できる“W3Dモード”を搭載する。キャプチャ解像度は720×480/480×480/352×480/352×240ドット、最大ビットレート15Mbps(Iフレームのみの場合25Mbps)。外部入力端子として2つの7ピンDINコネクタが用意されており、一方がコンポーネント(D1)/S-Video(S1)/コンポジット兼用、もう一方がS-Video/コンポジット兼用という2系統となっているのも特徴だ。
 価格はTWOTOP秋葉原本店で2万8780円、高速電脳で2万9400円、TSUKUMO eX.で2万9780円、T-ZONE.PC DIY SHOPとOVERTOPとZOA 秋葉原本店で2万9800円。一部ショップでは予約分で完売となってしまっており、売れ行きは上々のようだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ