このページの本文へ

東海理化販売の“静(sei)”シリーズ電源に新モデル「静(sei)-III」が加わる!

2004年07月30日 21時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
背面 パッケージ
背面に用意された自動/中速/高速の3段階切替スイッチ式ファンコントローラー東海理化販売のATX電源”静(sei)シリーズ”に、近々新モデル「静(sei)-III」が加わる

 東海理化販売のATX電源”静(sei)シリーズ”に、近々新モデル「静(sei)-III」が加わることになりそうだ。容量は400W/450W/500Wの3種類。新たに24ピン-20ピン変換ケーブルが付属するなど最新のLGA775にも対応する製品だ。



「静(sei)III SEI 3-400」 流体軸受採用ファン
写真は400Wタイプの「静(sei)III SEI 3-400」。ほかに450W/500Wがラインナップされる搭載している流体軸受採用ファンがPC内部に向くように配置されているため、外部に音漏れしにくくなっている
24ピン-20ピン変換ケーブル ノイズレベル
24ピン-20ピン変換ケーブルが付属するため、最新の24ピン仕様となったLGA775マザーはもちろん従来の20ピン電源を採用するマザーにも対応400/450Wモデルに限れば、最大ノイズレベルも30dB以下と静かだ

 「静(sei)-III」の主な特徴は、ご覧のように搭載している流体軸受採用ファンがPC内部に向くように配置されているため、外部に音漏れしにくくなっている点。また、背面に用意された自動/中速/高速の3段階切替スイッチ式ファンコントローラーだ。もっともこのファンコントローラーに関しては、別にブラケットを使用するなど、PC前面での切り替えも可能にして欲しかったところだ。
 前述したように24ピン-20ピン変換ケーブルが付属するため、最新の24ピン仕様となったLGA775マザーはもちろん従来の20ピン電源を採用するマザーにも対応。Serial ATA用の電源コネクタも2つ備えている。発売予定日は来週7日の土曜日。サンプル版が入荷したTSUKUMO eX.では価格が未定となるが、高速電脳では予価として400Wタイプの「静(sei)III SEI 3-400」が8904円、450Wタイプの「静(sei)III SEI 3-450」が1万710円、500Wタイプの「静(sei)III SEI 3-500」が1万3860円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ