このページの本文へ

アイ・オー・データ、USBフラッシュメモリー“ガンダムEasyDisk”や20.1インチ液晶ディスプレー“LCD-AD202G”などを発売

2004年07月21日 22時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は21日、USBフラッシュメモリー“ガンダムEasyDisk”10製品、アナログRGB&デジタル対応の20.1インチUXGA液晶ディスプレー“LCD-AD202G”2モデル、IEEE 802.11a/b/g対応の無線LANアクセスポイント『WN-AG/A』、WN-AG/Aと無線LAN PCカードのセット『WN-AG/A-S』を発表した。

“ガンダムEasyDisk”
“ガンダムEasyDisk”

“ガンダムEasyDisk”は、スティックタイプのUSBフラッシュメモリーで、USB 2.0/1.1対応の『ガンダム RX-78-2』(EDG128-RX78)、『ジオング MSN-02』(EDG128-MSN02)、『シャア専用ゲルググ MS-14S』(EDG128-MS14S)、『シャア専用ズゴック MSM-07S』(EDG128-MSM07S)、USB 1.1対応の『ガンタンク RX-75』(EDG128-RX75)、『ガンキャノン RX-77』(EDG128-RX77)、『ジム RGM-79』(EDG128-RGM79)、『グフ MS-07B』(EDG128-MS07B)、『エルメス MAN-08』(EDG128-MAN08)、『ギャン YMS-15』(EDG128-YMS15)の10製品をラインアップする。従来製品から容量が128MBに増やされたほか、USB 2.0/1.1対応モデルでは約3倍に高速化されたのが特徴。『ガンダムキャラクター壁紙』と『スクリーンセーバー』が付属しており、パソコンにEasyDiskを装着するとオリジナル壁紙に切り替わるように設定できるほか、スクリーンセーバーではモデルごとに登場キャラクターが変化するようになっているという。本体サイズは幅24.0×奥行き82.0×高さ17.6mm、重量は約20gで、ストラップホールが付けられている。USBバスパワーで動作し、消費電流はUSB 2.0/1.1対応モデルが170mA、USB 1.1対応モデルが45mA。対応機種はPC/AT互換機、Macintosh。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98/98 SE、Mac OS 9~9.2、Mac OS X 10.1~10.3.4。価格はオープン。8月下旬に出荷する。

『LCD-AD202GW』 『LCD-AD202GB』
『LCD-AD202GW』『LCD-AD202GB』
“LCD-AD202G”

“LCD-AD202G”は、1600×1200ドット(UXGA)/1677万色表示に対応した20.1インチ液晶ディスプレー。コントラスト比は700:1、輝度は250cd/m2で、視野角は上下/左右170度。応答速度は16ms。画素ピッチは0.255mm。色再現の国際規格“sRGB”にも対応しており、マウスでアプリケーションごとの画面設定が行なえるソフト『ディスプレイマネージャー』が用意されている。インターフェースはデジタル(DVI-D)とアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)に対応。電源はAC100Vで消費電力は最大59W(待機時2W)。本体サイズは幅446×奥行き227×高さ435mm、重量は10.1kg。17.8mm幅の狭額ベゼルを採用している。チルトは前5度/後ろ20度、スウィーベルは左右に各45度。高さ調整は70mmの範囲で可能。アナログ接続ケーブル(長さ1.5m)、デジタル接続ケーブル(長さ2.0m)などが付属する。本体カラーが白の『LCD-AD202GW』(ホワイト)と黒の『LCD-AD202GB』(ブラック)をラインアップする。価格は13万1000円(税別)。8月中旬出荷の予定。

『WN-AG/A-S』
『WN-AG/A-S』

『WN-AG/A』は、IEEE 802.11aとIEEE 802.11g/b切り替え式の無線LANアクセスポイントで、無線帯域の優先度をSSIDごとに振り分けられる“QoS(Quality of Service)”機能や高速化機能“Super A/G”に対応しているほか、セキュリティー機能として、WPA(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、IEEE 802.1x(EAP-TLS)、152bit/128bit/64bit WEPなどをサポートしたのが特徴。Wi-Fi認証も取得しているという。有線LANのブリッジが行なえるWDS機能を搭載するほか、スパニングツリーやロードバランシングなどの機能も装備している。10/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)×3ポートのスイッチングHub機能も搭載。電源はACアダプター(DC5V)を利用し、オプション『POE-PR』を利用すればPoEにも対応可能。本体サイズは幅94×奥行き135×高さ18mm、重量は約165g。ダイバーシティーアンテナ(外付け可動×1、内蔵×1)を搭載する。対応機種はPC/AT互換機、Macintosh。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE、Mac OS X 10.2以降。LANケーブル(長さ1m)、縦置きスタンド、壁掛用キット、壁掛用ネジなどが付属する。価格は1万7800円(税別)で7月末出荷予定。

『WN-AG/A』と無線LAN PCカード(Type II、CardBus対応)『WN-AG/CB2』(152bit WEPには非対応)をセットにしたパッケージ『WN-AG/A-S』も発売する。対応OSはWindows Windows XP/2000 Professional/Me/98 SE。価格は2万4000円(税別)。8月上旬出荷予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン