このページの本文へ

【静音生活のススメ】ショップのオススメパーツ・USER'S SIDE本店

2004年07月21日 23時11分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前回のCUSTOM編に続き、ショップオススメの静音グッズを紹介するこのコーナー。今回はUSER'S SIDE本店がオススメする静音グッズを紹介しよう。

「Smart Drive 2002」 内部構造
「Smart Drive 2002」(7329円)。銅製インナーケースバージョン「Smart Drive 2002 Cooper」(8319円)も販売中アルミ製のケースの内側に振動吸収材であるソルボセインを貼り、HDDを固定する同じくアルミ製のインナーケースを設けるという仕組み

 USER'S SIDE本店といえばサーバ/ワークステーション用マザーボードやビデオ編集関連などのハイエンド製品でおなじみ。そのレジ前の平台に置かれ、独立したコーナーが用意されているのが、グロウアップ・ジャパン製HDDケース「Smart Drive 2002」。現在同店では通常バージョン「Smart Drive 2002」(7329円)と銅製インナーケースバージョン「Smart Drive 2002 Cooper」(8319円)が販売中だ。
 「Smart Drive 2002」が登場したのは2002年夏。3.5インチHDDをすっぽりと収納して外部に洩れる騒音を遮断し、5インチベイに取り付けるというコンセプトで好評だった前作「Smart Drive」の後継として開発された製品で、基本的な構造は前作と同様。アルミ製のケースの内側に振動吸収材であるソルボセインを貼り、HDDを固定する同じくアルミ製のインナーケースを設けるという仕組みで、ネジ止め式の蓋を閉めると、HDDがすっぽり振動吸収材に包まれることになる。その効果には定評があり、耳を密着させなければHDDのアクセス音や駆動音が聞こえないほどという。
 ただ初代モデルの頃から比べると、HDDそのものが全体的に静音になっているのは事実。もはやこの製品が必要になるのは高回転のSCSI HDDくらいでは……と思いきや、USER'S SIDE本店によると現在でもよく売れているとのこと。静音化ブームの昨今、CPUクーラー、ビデオカード、さらには電源とファンレス化を進めていくと、残る“音を出すパーツ”はHDDのみ。そうなると、例えわずかなアクセス音や駆動音でも目立って聞こえてしまう、というところまで行き着いてしまう。そこで静音化の仕上げとして「Smart Drive 2002」を……という需要が生まれているとのことだ。

前作「Smart Drive」(右)との比較 ヒートシンク状
前作「Smart Drive」(右)との比較。基本構造は同一「Smart Drive 2002」はケースの3面(蓋となる底面は除く)に細かいスリットが彫られ、ヒートシンク状の形状となっている
「Smart Drive 2002 Cooper」 Supermicro製ケーブル状
こちらはインナーケースを銅製とし冷却性能を向上させた「Smart Drive 2002 Cooper」Serial ATA HDDもこのSupermicro製ケーブルなら使用可能。819円で販売中

 前作「Smart Drive」からの改良点は、ケースの3面(蓋となる底面は除く)に細かいスリットが彫られ、ヒートシンク状の形状とすることによりケース全体の放熱性を向上させたこと。さらに、インナーケースをより熱伝導率の高い銅製とすることにより、より放熱性能をアップさせたのが「Smart Drive 2002 Cooper」だ。ちなみに初代「Smart Drive」時代に、同じく放熱性向上を狙って外装ケースまで全てを銅としたバージョンも企画されたものの、重量が重すぎ、かつ銅は金属としては軟らかいため耐久性に難があるということで、限定販売のみに終わっている。  「Smart Drive 2002」のセット内容は本体のほか、HDD用電源コード(HDDを換装する際、その度に「Smart Drive 2002」の蓋を開けなくてもよいようにHDDの電源コネクタをケースの外に出すためのもの)と5インチベイに取り付けるためのネジ類というシンプルなもの。ケース内へのHDDの固定にはネジを使わず、インナーケースに入れて蓋を閉めるだけとなっている。なおインナーケースのサイズは3.5インチHDDが収まるぎりぎりとなっており、コネクタが大きく後方に飛び出すSerial ATA HDDでは使用が難しかった。が、同店によればSupermicro製のSerial ATAケーブルならばコネクタが短いため使用可能であることを発見したとのことで、同店では現在豊富にSupermicro製Serial ATAケーブルの在庫を用意、単品販売を行っている。

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ