このページの本文へ

4本のヒートパイプ採用のHDD冷却ユニット!

2004年07月15日 23時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HB-101」 ヒートパイプとフィン
4本のヒートパイプと40枚のアルミ製フィンで構成された3.5インチHDD用冷却ユニット「HB-101」ヒートパイプがアルミ製ヒートシンクを横切るような作りとなる

 4本のヒートパイプと、40枚のフィンでを持つアルミ製ヒートシンクで構成されたAerocool製3.5インチHDD用冷却ユニット「HB-101」が、来週22日に発売予定となっている。



接点 グリスを塗る
ヒートパイプとHDDの側面に取り付けたバッファの接点マニュアルでは付属のグリスを計8箇所に塗りこむように指示している

 ヒートパイプを使用した3.5インチHDD用冷却ユニットとしては、昨年7月にZalman製「ZM-2HC1」という製品が登場している。その「ZM-2HC1」はヒートパイプのみで構成されていたが、来週発売予定の「HB-101」はヒートパイプが40枚のアルミ製フィンを横切るような作りとなるのが大きな違いだ。冷却ユニット装着後は、5インチサイズとなるため、内蔵の5インチベイを1つ消費する形となる。なお、製品には専用のグリスが付属する。マニュアルによると、使用の際にはこのグリスをヒートパイプとHDD両側面に取り付けたバッファの接点(計8箇所)に塗りこむように指示されている。来週入荷所定のショップとしては、高速電脳(3979円)、アークとOVERTOP(3980円)、クレバリー1号店(価格未定)などで、現在その全てのショップで展示中となっている。



【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ