このページの本文へ

“Deltachrome S8 Pro”カード初登場!HDTV出力対応のアイ・オー・データ機器製

2004年07月14日 22時49分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“DeltaChrome S8 Pro” ファン付き
アイ・オー・データ機器製“DeltaChrome S8 Pro”カード「GA-S8HD/AGP」カード本体、ファンレスとは行かず、ファン付きクーラーとなっている

 S3製GPU“DeltaChrome S8 Pro”を搭載する初のビデオカード、アイ・オー・データ機器製「GA-S8HD/AGP」が登場した。“DeltaChrome S8 Pro”は、すでに登場している“DeltaChrome S8”の高クロック版にあたるGPUだ。



スペック 変換ケーブル
コア/メモリクロックは、“DeltaChrome S8”の250MHz/250MHz(DDR 500MHz)に対し、300MHz/300MHz(DDR 600MHz)S-Video端子からD4端子へ直接変換するケーブルを同梱

 コア/メモリクロックは、“DeltaChrome S8”の250MHz/250MHz(DDR 500MHz)に対し、300MHz/300MHz(DDR 600MHz)。“DeltaChrome”カードといえばHDTV(デジタルハイビジョンTV)への出力機能を備えることが特徴となっているが、「GA-S8HD/AGP」でもそれは健在。ただし、これまでの“DeltaChrome S8”カードがS-Video/アナログRGB変換ケーブルとアナログRGB/D4変換ケーブルの併用でD4出力を実現していたのに対し、「GA-S8HD/AGP」ではS-Video端子からD4端子へ直接変換するケーブルを使用する形になっている。インターフェイスはD-Sub、DVI、S-Video Out。価格はクレバリー1号店で1万9393円、ZOA 秋葉原本店で1万9740円、TSUKUMO eX.で2万880円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ