このページの本文へ

日本語マニュアルと組み立てガイド付きのIntel純正LGA775マザーが店頭に!

2004年07月14日 21時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BOXD915PCML パッケージ
「BOXD915PCML」は、フォームファクタがMicro ATXとなる“i915P+ICH6”搭載のマザーボードパッケージはSocket478時代とあまり変わらない

 当初、発表直後に登場すると思われていたIntel純正のLGA775対応マザーボードだが、本日その第1弾となる「BOXD915PCML」が発売となった。



インテル純正 ICH6
今までの同社製マザーらしからぬ“インテル純正マザーボード”と書かれたシールがパッケージ正面に貼られている“ICH6”による4つのSerial ATAポート
ファンレスのヒートシンク ブラケット部
North Bridgeである“i915P”に装着されたファンレスのヒートシンクがやや大きめのため、隣接するPCI Express×16に使用するビデオカードのサイズには気をつけたいところだフォームファクタがMicro ATXとなるがチップセットは“i915P”。VGA機能はサポートされていない
完全日本語のマニュアル 組み立てガイド
かなり詳細な完全日本語のマニュアルこちらは組み立てガイド。自作初心者向けに分かりやすく説明されている

 「BOXD915PCML」は、フォームファクタがMicro ATXとなる“i915P+ICH6”搭載のマザーボードだ。4本のメモリスロットは全てDDR2対応。拡張スロットは、PCI Express×16とPCI Express×1がそれぞれ1本、PCIが2用意される。そのほかオンボードインターフェイスはシンプルな構成で、“ICH6”によるSerial ATAポートが4つ、Intel製10/100Base-Tイーサネット、サウンドというもの。写真のようにNorth Bridgeである“i915P”に装着されたファンレスのヒートシンクがやや大きめのため、隣接するPCI Express×16に使用するビデオカードのサイズには気をつけたいところだ。
 また、従来のIntel純正マザーには見られなかった完全日本語のマニュアルや組み立てガイドが同梱されるのも大きな特徴のひとつ。他社メーカーでは当たり前となりつつある完全日本語マニュアルだが、同社のマザーボードでここまでしっかりしたものが付くのは今回が初めてで、国内の自作ユーザーに配慮した形と言えるだろう。販売しているのはクレバリー1号店で、価格は1万4668円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ