このページの本文へ

コレガ、45倍速CFを発売――2GBの『CG-FM45CF2G』など5タイプをラインアップ

2004年07月14日 17時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コレガは14日、45倍速コンパクトフラッシュ(CF)“FMCF45”シリーズの販売を同日付けで開始すると発表した。容量が128MBの『CG-FM45CF128M』、256MBの『CG-FM45CF256M』、512MBの『CG-FM45CF512M』、1GBの『CG-FM45CF1G』、2GBの『CG-FM45CF2G』の5タイプをラインアップする。価格は、128MBタイプが6300円、256MBタイプが1万1550円、512MBタイプが2万3940円、1GBタイプが4万9140円、2GBタイプが9万8490円。なお『CG-FM45CF512M』のみ発売が15日となる。

“FMCF45”
“FMCF45”

“FMCF45”は、Compact Flash Version2.0 Type Iに準拠した書き込み速度が45倍速のメモリーカードで、ハイエンドデジタルカメラなどをターゲットにした製品。書き込み速度は毎秒5262KB、読み出し速度は毎秒7148KB(同社調べ)。電源電圧は5Vと3.3Vに対応し、消費電流は、読み出し時が4.6mA(3.3V)/7.0mA(5V)、書き込み時が8.6mA(3.3V)/10.8mA(5V)、スリープ時が0.2mA(3.3V)/0.6mA(5V)。動作時の環境は温度が0から60度までで湿度90%以下。本体サイズは幅42.8×奥行き3.3×高さ36.4mm、重量は10g。プラスチックケースが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン