このページの本文へ

シーグランド、512MBのメモリーを内蔵したデジタルオーディオプレーヤー『XB400S-512MB』など3モデルを発売

2004年07月13日 15時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シーグランド(株)は12日、SDメモリーカードスロットを搭載したデジタルオーディオプレーヤー“X-Bar(クロスバー)”の新製品として、512MBのメモリーを搭載した『XB400S-512MB』(シルバー)、『XB400R-512MB』(レッド)、『XB400B-512MB』(ブラック)の3モデルを発表した。22日に販売を開始する。価格はオープン。直販サイト“シーグランドオンラインショップ”では2万9800円で販売する。

3モデル
左から『XB400R-512MB』『XB400S-512MB』『XB400S-512MB』

“X-Bar”はSDカードスロットを搭載したUSBフラッシュメモリータイプのMP3/WMAオーディオプレーヤーで、USBマスストレージクラスに対応しており、SDカードスロットを利用してメモリーを増設できるほか、SDメモリーカードのリーダー/ライターとしても利用できるのが特徴。512MBのメモリーを搭載した新モデルでは、SDメモリーカードスロットに512MBのメモリーカードを追加することで最大1GBまで増設できるという。基本機能の強化も図られており、SDメモリーカードのデータを内蔵メモリーに記録するバックアップ機能には一括バックアップ機能が追加されたほか、ボイスレコーディング機能には音声のあるときだけ録音する“VOR(Voice Operated Recording)機能”が追加されている。

従来から搭載している録音対応のFMチューナー(日本/米国/ヨーロッパ対応)や、ライン入力端子からのダイレクトエンコーディングによる録音、イコライザー機能、再生速度変更機能なども引き続き搭載している。インターフェースはUSB 1.1に対応。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。対応機種はPentium II以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。電源は単4形アルカリ乾電池(1本)で、最大10時間使用できる。本体サイズは幅100×奥行き23×高さ29mm、重量は35g。ネックストラップ、USB延長ケーブル、インナーステレオイヤフォン、キャリーケース、オーディオケーブルなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン