このページの本文へ

コレガ、スティックタイプでUSB対応のIEEE 802.11g無線LANアダプター『CG-WLUSB2GTST』を発売

2004年07月08日 21時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コレガは8日、IEEE 802.11g準拠でUSBに対応した無線LANアダプター『CG-WLUSB2GTST』の販売を9日に開始すると発表した。価格は7770円。併せて、2003年12月に発表した無線ブロードバンドルーター『CG-WLBARGP』とのセット『CG-WLBARGP-U2』も販売する。価格は1万7640円。7月下旬に発売する予定。

『CG-WLUSB2GTST』
『CG-WLUSB2GTST』

『CG-WLUSB2GTST』は、無線LAN規格“IEEE 802.11g/b”に準拠した無線LANアダプター。米コネクサント・システムズ社のPRISMチップセットを搭載し、IEEE 802.11bと混在する環境でIEEE 802.11gのスループットを上げる“PRISM Nitro”技術を搭載する。セキュリティー機能は、128bit/64bit WEP、WPA(PSK、EAP)、TKIP、AESに対応。インターフェースはUSB 2.0/1.1対応で、本体はUSBコネクター一体型のスティックタイプとなっている。本体サイズは幅28×奥行き12×高さ81mm、重量は18g(キャップ含まず)。ストラップホールも開けられている。電源はUSBバスパワーで消費電流は最大420mA(受信時)。延長用のUSBケーブル(長さ1.5m)も付属する。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE。同製品は“Wi-Fi認定”を取得済みという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン