このページの本文へ

店頭販売がはじまった“i915”搭載キューブ型ベアボーンPC!

2004年07月07日 20時45分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
XC Cube EX915
初の“i915”キューブ型ベアボーンPC「XC Cube EX915」

 “i915G”チップセットを採用したキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EX915」がAOpenから登場した。7日(水)現在、同社からは“i915/925”マザーボードはまだ発売されておらず、これが初の“i915/925”関連製品ということになる。なお、“i915G”チップセットのキューブ型ベアボーンPCといえばShuttle製「SB81P」が先日より展示デモが行われているが、販売は今回の「XC Cube EX915」が先行することになった。



「UX915」 スロット
マザーボードは同社製「UX915」。ちなみに7日(水)現在同社製“i915/925”マザーボードはまだ発売されていない色分けされていないので一瞬戸惑うが、奥がPCI、手前がPCI Express×16
Serial ATAは4ポート ヒートパイプ式
Serial ATAは4ポート。DIMMスロットはDDR SDRAM対応ヒートパイプを使用した銅製CPUクーラーが同梱

 本体サイズは200(W)×320(D)×185(H)mm。マザーボードは同社製「UX915」で、もちろんLGA775対応。組み合わせられるSouth Bridgeは“ICH6”となっており、拡張スロットはPCI Express×16が1、PCIが1、DIMMが2でDDR SDRAM対応。Serial ATA4ポートとギガビットイーサネット、IEEE1394がオンボード。前面インターフェイスはIEEE1394×1、USB2.0×2、オーディオ入出力、S/PDIF(光デジタル)出力×1。背面インターフェイスはマウス/キーボード、シリアル、D-Sub、S/PDIF(コアキシャル)出力×1、IEEE1394×1、USB2.0×2、ギガビットイーサ、オーディオ3端子。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。ヒートパイプを使用した銅製CPUクーラーが同梱となっており、電源はAOpen製で275Wというキューブ型としては大容量のものが搭載されている。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで4万6980円、TSUKUMO eX.で4万9980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ