このページの本文へ

BHA、UDF 2.0やDVD+R DLに対応したパケットライトソフト『B's CLiP6』を発売

2004年07月06日 11時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ビー・エイチ・エーは6日、UDF(Universal Disk Format:ユニバーサルディスクフォーマット)に対応したパケットライティングソフトの最新版『B's CLiP6』の販売を30日に開始すると発表した。価格は5040円。

『B's CLiP6』製品パッケージ
『B's CLiP6』

『B's CLiP6』は、標準規格のUDF 1.5に対応しているほか、新形式のUDF 2.00/2.01や片面2層ディスクであるDVD+R DL(ダブルレイヤー)にも対応したのが特徴。対応機種はPentium II-300MHz以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows 98/98 SE/Me/2000 Professional/XP。CD-R/RWや記録型DVDに対応した光ドライブが必要。

同社では、登録ユーザー向けに7月中旬からオンラインショップ“B's shop”においてバージョンアップサービスを実施する。また6日以降に『B's CLiP5』の製品パッケージを店頭で購入したユーザーに対しては、B's CLiP6への無償バージョンアップサービスを行なうとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン