このページの本文へ

EDIROL SONAR3 PRODUCER EDITION/PCR-A30

EDIROL SONAR3 PRODUCER EDITION/PCR-A30

2004年07月07日 01時17分更新

文● 月刊アスキー編集部・外村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EDIROL SONAR3 PRODUCER EDITION/PCR-A30

エディロール

9万4000円/オープン

まるごと持ち運べる録音スタジオ

SONAR3の基本画面
画面1 SONAR3の基本画面。オーディオトラックからMIDIトラックまで同一のウインドウで音量やエフェクトなどのパラメータをいじれる。解像度が1024×768ドットの画面でも狭くは感じない。
ミキサーウインドウ
ミキサーウインドウでは専用のミキサーと同じ感覚で操作できる。

 ここ最近の音楽制作ソフトの進歩にはまったく気づいておらず、久しぶりに覗いてみると、実に凄いことになっていた。録音、編集機材はノートPCとヘッドホン、これだけである。PCがあれば、なんでも出来てしまうこのご時世に「録音編集くらい当たり前だろう」と思われるかもしれないが、音楽制作に関しては、高性能のPCを持っていたとしても意外と難しかった。ドラムやベース、ギターにホーンセクション、ボーカルなどの音声データを個別に、かつリアルタイムに加工するといった処理は、CPUに対してかなりの負荷を与えてしまう。その上高音質でなければならないという絶対条件があるのだ。



標準でインストールされる「VSampler」 SONAR3付属のソフトウェア音源「DreamStation」
画面2 標準でインストールされる「VSampler」は、これまで広く使われてきたAKAI Sシリーズをはじめ、あらゆるハードウェアサンプラー用データを読み込み可能だ。画面3 SONAR3付属のソフトウェア音源「DreamStation」。アナログシンセサイザ独特の図太くてコシのある音を再現可能。もちろんツマミをいじればリアルタイムに音色が変化する。

 ほんの数年前まではスタジオ録音や自宅録音に必要な定番機材は、楽器の奏でる音を整えるエフェクターに、ミキサーとアンプ。あとはマルチトラックレコーダ(MTR)など。背丈ほどのラックに上から下までギッシリ詰まった機材とにらめっこしながらの作業が当たり前だった。しかし、Digital Audio Workstation(DAW)と呼ばれる類の音楽制作ソフトをインストールしたノートPCがあれば、これらはすべてカバンの中に収まってしまう。DAWはここ数年で目をみはるほどの成長を遂げ、プロの制作環境をはじめ自宅録音マニアでは必須の音楽ソフトへとのし上がっている。

Lexiconのきめ細やかなリバーブ EDIROL定番のソフトウェア音源「Virtual Sound Canvas」
画面4 Lexiconのきめ細やかなリバーブは、プロの制作環境では定番のエフェクタ。このソフトウェアプラグインまで入っているから驚きだ。ハードウェアで買うと数十万円は下らない。画面5 EDIROL定番のソフトウェア音源「Virtual Sound Canvas」は、ピアノやベースをはじめ、GS規格に準拠した902音色+26ドラムセットの多彩な音色を利用できる。

 そんなDAWの中でも特に注目したいのが、この「SONAR3」だ。本ソフトには、オーディオ&MIDIシーケンサ、HDDレコーディング機能、ミキサーなどの一般的な音楽制作ツールに加え、ソフトウェア音源や高クォリティなエフェクターがまとまった統合音楽制作環境だ。特筆すべきは、音源やエフェクタについてはプラグインでどんどん追加できる点だ。新しい音が欲しいと思ったら、VSTまたはDXi規格に対応したソフトウェア音源を買い足せば、SONAR3の中で一元管理/操作できる。また、これらの音源を使いこなすにはUSB接続のMIDIキーボードがあるといい。世界中に様々なMIDIキーボードが存在するが、中でもオススメなのは「PCR-A30」。小型、軽量な上、バスパワー駆動でよりシンプルな環境を構築できるし、ツマミやスライダーでSONAR3を直感的に操れる。この組み合わせだと旅先で音楽を作ることだって可能だ。

ポータブルなUSB接続MIDIキーボード「PCR-A30」
写真1 ポータブルなUSB接続MIDIキーボード「PCR-A30」。鍵盤上部に備えた9つのツマミと8つのスライダーでSONARのミキサーなどを視覚的に操作できる。
背面のコネクタ部
写真2 MIDI鍵盤やコントローラ以外にも、高音質なUSBオーディオとして利用できる。ギターなどを録音する場合は背面のINPUTジャックに接続するといい。
PCR-A30の主なスペック
製品名 PCR-A30
オーディオ録音 1系統ステレオ
オーディオ再生 1系統ステレオ
信号処理(AD/DA変換) 24bit
サンプリング周波数 44.1/48/96kHz
インターフェース USB、デジタル出力
接続端子 オーディオイン/アウト、デジタルアウト、ヘッドホンアウト、ホールドペダル、エクスプレッションペダル、MIDIイン/アウト、USB、DC
サイズ 600(W)×232(D)×86(H)mm
重量 2.6kg

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン