このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、ウォークマン25周年記念パーティーを開催――「ウォークマンの前にウォークマンなし。ウォークマンの後にウォークマンなし」

2004年07月02日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「高篠さんの時代はよかった」

パーティーでは、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏の司会のもと、ソニー副社長 兼 COOの高篠静雄氏、ソニーマーケティング(株)代表取締役の宮下次衛氏、ソニー業務執行役員 IT&モバイルソリューションズネットワークカンパニー パーソナルオーディオカンパニープレジデントの福島貴司氏、エイベックス ネットワーク(株)代表取締役社長の前田治昌氏による、ウォークマンにまつわるトークショーが開催された。

鳥越俊太郎氏と高篠静雄氏 宮下次衛氏、福島貴司氏
(左から)鳥越俊太郎氏、高篠静雄氏(左から)宮下次衛氏、福島貴司氏

ウォークマンの将来像について、初代ウォークマンの企画/開発に携わった“Mr.ウォークマン”こと高篠氏は、「ウォークマンという商品は、大きな文化を創った。生活も変えた。今後は色々なメディアとともに横の広がりがあるだろうし、メディアごとの深堀りもあるだろう。人間が耳をもっている限り、姿かたちをかえながら、ウォークマンは絶対になくならない」と“不滅”宣言を行なった。

福島氏、前田治昌氏
(左から)福島氏、前田治昌氏

一方、現在のウォークマンプロジェクトの担当である福島氏は、「高篠さんの時代はよかった。ちょろっと小さいものをつくって、みんながビックリしてくれて。今は技術が進んで、お客さんの頭が進んじゃってて、我々が出すものは想像されている。だけど我々技術者は、なんとか皆を驚かそうと。ここのところが一番辛い」と、現担当としての苦労を端的に語った。それでも、「ビックリして楽しんでいただけるもの」を作る“極秘作戦”が、具体的な情報は一切明かされなかったが「山のようにある」と意気込みを語った。

なお、メディアージュ3階のショールーム“ソニースタイル”では、一般を対象としたウォークマン25周年イベントとして、TPS-L2からNW-HD1まで歴代のウォークマンを集めた“ウォークマンギャラリー”という展示を、8月2日まで行なう。入場料は無料。



展示会場 WM-2
ウォークマンギャラリーの会場より『WM-2』(1981年発売)。ウォークマンの普及に貢献したモデルといわれる
D-50 WM-101
『D-50』(1984年発売)。CDの普及に貢献したといわれる“ディスクマン”ブランドの製品『WM-101』(1985年発売)。充電バッテリー方式を発採用
MZ-1 NW-MS7
『MZ-1』(1992年発売)。初のMDウォークマン『NW-MS7』(1999年発売)。記録メディアとしてメモリースティックを採用
MZ-N1 MZ-E10
『MZ-N1』(2001年発売)。Net MD規格に初対応『MZ-E10』(2002年発売)。厚さ9.9mmで話題をよんだ
ウォークマンギャラリーでは、ウォークマンの名機がずらり展示される


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン