このページの本文へ

パーソル、ウェブカメラとイヤーセットのモバイルキット『PC380BS』を発売

2004年07月01日 22時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)パーソルは1日、ウェブカメラとイヤーセットをキャリングケースに収納したインターネットモバイルキット『PC380BS』を7月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は5000円前後。キットに含まれるイヤーセット『PH001』の単体販売も行なう。13日に発売し、価格はオープン。編集部による予想販売価格は1000円前後。

『PC380BS』
『PC380BS』

『PC380BS』のウェブカメラは、同社が3月に発表したウェブカメラ『PC380S』と同じ筐体を採用したものでノートパソコンの液晶ディスプレー部に挟んで固定できるようになっている。30万画素のCMOSイメージセンサーを搭載し、毎秒12フレーム(VGA)/毎秒30フレーム(CIF)の動画撮影が可能。最短撮影距離は20cm。USB 1.1インターフェースを採用しており、電源はバスパワーを利用する。本体サイズは幅61×奥行き36×高さ43mm、重量は60gで、本体のアクセントカラーがレッドからブルーに変更されている。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 SE、Mac OS X 10.1~10.3.4、Mac OS 9.1~9.2.2。

イヤーセットは幅95×奥行き20×高さ20mm、重量は20g。マイクの出力を変更できるボリューム機能を搭載するのが特徴。マイクとイヤホンの周波数帯域は50Hz~16kHz。プラグは3.5mm径のステレオミニプラグを採用し、ケーブル長は120cm。

専用のキャリングケースのサイズは幅115×奥行き115×高さ41.5mm、ウェブカメラとイヤーセットを収納した場合の重量は190g。

動作確認済のインスタントメッセージングソフトは、マイクロソフト(株)の『Windows Messenger』『MSN Messenger』、ヤフー(株)の『Yahoo!メッセンジャー』のほか、東日本電信電話(株)が提供する“フレッツ・コネクト”の専用通信用ソフトや、西日本電信電話(株)が提供する“フレッツ・コミュニケーション”の『フレッツ・コミュニケーションツール』、エイネット(株)の『Fresh Voiceユーザクライアント』、(株)アップカミングの『ホームページフォン2』など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン