このページの本文へ

AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD

AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD

2004年07月02日 00時00分更新

文● 月刊アスキー編集部・中塚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD

アイ・オー・データ機器

2万5300円

AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD
無線LANは今のところ同社製IEEE802.11b「WN-B11/CFL」をCF/PCカードアダプタで接続できるだけだが、対応カードは今後順次同社サイトに掲載される予定。Windows Media Video形式の動画は、PC上のソフト「MediaSink」でMPEG形式に変換すれば視聴できるようになる。映像端子はDVI-IやD4、音声は光端子を装備しており、ハイクォリティ映像への対応も万全だ。

  • 録画したムービーが毎日増えていく
  • 動画形式にはちとウルサい
  • CODECのインストールが面倒くさい
  • ロースペックの余りPCがある
  • ムービーは大画面TVで見たい

カノープス「MultiRDVD」レビュー
カノープスから登場のMEPG2/DivX対応DVDプレーヤ カノープス「MultiRDVD」レビュー(写真をクリックすると当該レビュー記事に移動します)。

 こんな人の福音となるデッキ型プレーヤ2機種「AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD」(アイ・オー・データ機器)が登場した。有り体に言うと、DivXとかXviDでエンコードされたファイルを大量に持っていて、PCでの再生環境は一通り整えているが、CODECのインストールやプレーヤソフトの操作が面倒臭い、というマニアックでものぐさな人にぴったりのハードウェアというわけ。DVD-VideoやDivXファイルを保存した光メディアも再生できるが、その本領は別にある。せっかく光ディスクというメディアのくびきから解放されて、HDDというPCらしいメディアに移行したのに、「TVに映す」ためだけに光ディスクに保存する矛盾を解消するプレーヤデッキなのだ。

 まず、ネットワークハブに本機を付属のEthernetケーブルで接続する。家庭LANにDHCPサーバが稼働していれば、IPアドレスは自動で振られる(手動設定の場合はリモコンから行う)。PCには、専用のサーバソフトをインストールしよう。この状態では、サーバ上の「My Video」フォルダにあるファイルしか再生できない。サーバソフト上でムービーファイルてんこ盛りのフォルダをウォッチフォルダに設定しておこう。このひと手間さえ掛ければ、あとはPCを操作する必要はまったくない。しかも、プレーヤに搭載されたチップ「EM8550」(Sigma Design製)がデコードするため、PCはただのファイルサーバとなる。スペックもCeleron-400MHz程度で十分だ。



本体背面のコネクタ部
本体背面のコネクタ部。

 再生能力もなんらPCに劣らない。最新(記事掲載時)DivX 5.1.1でエンコードしたAVIファイルも難なく再生できた。インターネットラジオに接続できるなど、物理メディア要らずのジュークボックス的な使い方を望んでいた人には最適のプレーヤとなる。

対応形式一覧
動画フォーマットMPEG-1、MPEG-2、DivX3.11~5.xx、XviD
対応CODECOpenDivX、RMP4、XviD+MP3/AC3
出力画像プロファイルD4端子:480i/480p/720p/1080i
DVI-I端子:VGA/SVGA/XGA/852×480ドット/DVI 480p/DVI 1080i
音楽フォーマットMP3、WMA8/9、Ogg Vorbis、WAV
静止画フォーマットJPEG、GIF、TIFF、BMP、PNG

ネットワーク上のデータを再生

ログインするサーバPCを選択

ログインするサーバPCを選択

PC側でサーバソフトを立ち上げておくと、サーバ名の前のアイコンが点灯し、プレーヤがログインできるようになる(パスワードなどは不要)。

インターネットラジオを受信中

インターネットラジオを受信中

DNSとデフォルトゲートウェイが適切に設定されていれば、インターネット上のラジオ局に接続し、90以上のチャンネルを受信できる。

WEPを使った無線LANに参加

WEPを使った無線LANに参加

LinkPlayerは、背面のPCカードスロットにアダプタを付けるだけで自動的に無線LAN接続が有効になる。WEPキーを設定すればLANのセキュリティも問題ない。

AVeL LinkPlayer AVLP1/DVDの主なスペック
製品名 AVeL LinkPlayer AVLP1/DVD
ビデオ出力 S-VIDEO、コンポジット、D4、DVI-I(DVD-Videoは出力せず)
オーディオ出力 RCA(ステレオ)×2、光デジタル(角型)、同軸デジタル
ネットワーク端子 10/100BASE-TX(DHCPクライアント対応、手動設定可能)、無線LAN(オプションの対応無線LAN CFカードが必要)
対応OS Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS X 10.3(AVeL Link Advanced ServerはWindowsのみ対応)
対応メディア CFカード、マイクロドライブ、フラッシュATAカード
サイズ 430(W)×250(D)×48(H)mm

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン