このページの本文へ

日本AMD、デスクトップパソコン向け64bitプロセッサー『AMD Athlon 64プロセッサ3800+』など4製品を発表

2004年06月01日 16時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本エイ・エム・ディ(株)は1日“AMD Athlon 64プロセッサ・ファミリ”の新製品として『AMD Athlon 64 FX-53プロセッサ』、『AMD Athlon 64プロセッサ3800+』、『AMD Athlon 64プロセッサ3700+』、『AMD Athlon 64プロセッサ3500+』の4製品を発表した。価格は、1000個ロット時の単価で、Athlon 64 FX-53が9万1885円、Athlon 64 3800+が8万2800円、Athlon 64 3700+が8万1650円、Athlon 64 3500+が5万7500円。Athlon 64 FX-53、Athlon 64 3800+、Athlon 64 3500+は即日出荷するとしており、再利用可能なリテールパッケージ(Processor-In-a-Box:PIB)でも販売する。

“AMD Athlon 64 FX”イメージ写真
“AMD Athlon 64 FX”

これらの製品は、台湾で開催中の“COMPUTEX TAIPEI 2004”において同日付けで発表された記者発表会を受けて発表されたもの。Windows XP Service Pack 2と組み合わせることで、デスクトップ/ノートパソコンで“Enhanced Virus Protection(EVP:拡張ウイルス防止)”機能を利用できるほか、“Cool'n'Quietテクノロジ”による消費電力管理機能を利用できるのが特徴。メモリーコントローラーとI/OをCPUに直接接続する“ダイレクトコネクト・アーキテクチャ”を採用し、最大1600MHz動作に対応している。パッケージは939ピンを採用。

新製品を搭載したデスクトップパソコンとして、米ヒューレット・パッカード社が7月に“Compaq X Gaming PC”を発売する予定。日本国内では、搭載パソコンを(株)ユニットコム、アロシステム(株)(パソコン工房)、(株)MCJ(マウスコンピュータジャパン)、九十九電機(株)、(株)サードウェーブ、(株)ブレス、ビジュアルテクノロジー(株)、ぷらっとホーム(株)、(株)アイスクエアが順次投入する予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン