このページの本文へ

手のひらサイズの超小型ベアボーン「Benibana」発売!

2004年05月21日 23時14分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Benibana(ベニバナ)」 本体
超小型ベアボーンPC「Benibana(ベニバナ)」本体サイズは162(W)×117(D)×47(H)mm。もちろんファンレス

 ハイテックシステムから、本体サイズが162(W)×117(D)×47(H)mmという超小型ベアボーンPC「Benibana(ベニバナ)」が登場した。CPUにNational Semiconductor製“Geode GX1-300MHz”を採用、本体内にコンパクトフラッシュスロットが設けられており、OSはHDDの代わりにCFカードにインストールする仕組み。もちろんファンレス構造だ。



仕様一覧 背面にはPCカード
仕様一覧。HDDではなくCFカードを使用する背面にはPCカードスロットが

 本体背面にPCカードスロット(TypeII対応)、前面にIrDA通信部を装備しており、どちらかといえばPCというよりシステム組み込み用として使用することを想定した製品といえる。メモリはSODIMMモジュールを使用し最大容量は512MB。VRAMはメインメモリの一部を使用し4MB。IrDA以外のインターフェイスは背面に集中しており、内容はPS/2(キーボード/マウス兼用で分岐ケーブルを使用)、シリアル、USB(1.1)×2、D-Sub、10/100BASE-TX対応イーサネット、PCカードスロット。ブラックとホワイトの2色が用意され、価格はぷらっとホームで4万9800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ