このページの本文へ

USBメモリ型MP3プレーヤにカードリーダまで付いた!

2004年05月14日 23時07分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「X-Bar(クロスバー)」
カードリーダ/ライタ付きUSBメモリ型MP3プレーヤ「X-Bar(クロスバー)」

 シーグランドから、カードリーダ/ライタ付きUSBメモリ型MP3プレーヤという製品「X-Bar(クロスバー)」が登場した。本体にSDメモリーカードスロットを備えており、PCに差せばUSBメモリのほかカードリーダ/ライタとしても使用できるのが特徴。またPCに接続しなくても、単体でSDメモリーカード内のデータを本体内蔵メモリに保存する事も可能。さらに、本体に差したSDメモリーカードを増設メモリとして使用し、音楽データの再生に使用することまでできる。



カードスロットは本体側面に 3色
カードスロットは本体側面に。装着すると本体から若干飛び出すのが残念本体色はシルバー/レッド/ブラックの3色が用意される

 インターフェイスはUSB1.1。本体サイズは100(W)×23(D)×29(H)mm、重量35g(電池を除く)。内蔵メモリ容量は256MBで、128MB版も用意されているが未発売。カードリーダ/ライタは最大512MBまでのSDメモリーカードに対応し、本体内蔵と合わせて最大メモリ容量は768MBとなる。
 電源は単4アルカリ乾電池1本で、連続仕様時間は約10時間。対応フォーマットはMP3とWMAで、PCを使用することなくCDやMDから直接エンコードして本体に保存することが可能。FMチューナとボイスレコーディング機能を搭載し、液晶ディスプレイは日本語表示にも対応。
 本体色はシルバー/レッド/ブラックの3色が用意され、価格はパソコン工房秋葉原店で2万1980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中