このページの本文へ

“新MXオプティカルエンジン”を搭載!ロジクール製新型マウス「MX510」登場

2004年05月12日 23時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MX510 型番
“新MXオプティカルエンジン”を搭載する「MX510 パフォーマンス オプティカルマウス」「MX-500」の後継機種となる

 ロジクールから光学式マウス「MX510 パフォーマンス オプティカルマウス」が登場した。同社製「MX-500」の後継となる製品で、新たに“新MXオプティカルエンジン”を搭載。画像処理性能が毎秒4.7メガピクセルから毎秒5.8メガピクセルに強化されているのが特徴だ。



毎秒5.8メガピクセル ボタン
画像処理性能は毎秒5.8メガピクセルへ強化ボタンはホイールボタン1個を含む8個

 本体形状は「MX-500」とほぼ同じながら、光の加減により色合いが変化する“リフレクティブホログラフィック”と呼ばれる表面処理が施されているのが特徴。またロジクールによれば「模様は1つ1つの製品ごとに異なっており、全く同じものはない」とのこと。
 解像度は800dpiで変わらず、ボタンはホイールボタン1個を含む8個。インターフェイスはUSBで、別途PS/2変換コネクタが付属する。販売しているのはOVERTOPで価格は5280円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ