このページの本文へ

“i875P+Hance Rapids”のASUSTeK製Dual Xeonマザーが登場間近!

2004年05月08日 19時42分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PCH-DL」
ASUSTeK製Socket604デュアルマザーボード「PCH-DL」サンプル品
拡張スロット
South Bridgeに“Hance Rapids”を採用
Serial ATA RAID
“Hance Rapids”とPromise製コントローラでSerial ATA RAIDを4ポート搭載

 ASUSTeK製Socket604デュアルマザーボード「PCH-DL」のサンプル品がお目見えした。この製品はチップセットに“i875P+Hance Rapids”を採用するDual Xeonに対応したATXサイズのマザーボード。同じくDual Xeonに対応し“i875P+ICH5R”を搭載する同社製「PC-DL Deluxe」 の後継ともいえる製品だ。

 同じく“i875P+Hance Rapids”を搭載するDual Xeonマザーとしては、Iwillから「DH800」が発売されており、こちらは次世代Xeon(FSB800MHz)までの対応をうたっている。しかし今回の「PCH-DL」に関しては、同社ウェブサイトによればFSB533MHz版Xeonまでの対応となっている。
 主な仕様は、拡張スロットにAGP×1、64bit/66MHz PCI-X×2、32bit/33MHz PCI×3、DDR DIMM×4となり、ギガビットイーサやIEEE1394、サウンドなどがオンボードとなっているほか、“Hance Rapids”とPromise製コントローラチップによるSerial ATA RAIDを4ポート搭載する。
 現在展示中のUSER'S SIDE本店での予価は3万9690円。発売は来週を予定しているとのことで、現在予約も受け付けている。またZOA秋葉原本店では4万1790円で予約を受け付けているほか、T-ZONE.PC DIY SHOPでも近日入荷を予定しているとのこと。本来はGW前の発売が予定されていた製品で延期が続いている形だが、待っているユーザーはもう少しの辛抱だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ