このページの本文へ

InnoAXの激安USBメモリ型MP3プレーヤに新モデル! 256MBで1万円割れ!

2004年05月06日 22時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
innoAX iMX-100
もはや通常のUSBメモリと変わらない値段となったInnoAX製MP3プレーヤ
InnoAX iMX-120
ボイスレコーダ機能も持つ「InnoAX iMX-120」
「InnoAX iMX-110」
今回発売された両モデルには新たにディスプレイが装備されている

 InnoVISION製のUSBメモリ型MP3プレーヤといえば、容量128MBで7000円台という「iMX-100」が記憶に新しいところ。今週は新たにシリーズ製品が2製品登場している。ひとつは「iMX-110」、もうひとつは「iMX-120」で、やはり値段の安さがウリ。なお今回も「iMX-100」と同様、InnoVISIONのサウンド関連ブランド“InnoAX”からの発売だ。


 すでに発売中のモデル「innoAX iMX-100」と両モデルの主な違いは、本体にディスプレイを装備したところ。ただし対応言語は英語と中国語のみで、日本語には対応していない。そのほか、インターフェイスがUSB1.1という点も変わりはないが、「InnoAX iMX-110」と「InnoAX iMX-120」では後者がボイスレコーダ機能を持つほか、対応ビットレートが8kbps~256kbps(iMX-110)、8kbps~320kbps(iMX-120)となるなどの違いがある。
 販売しているのはフェイス。価格は「InnoAX iMX-110」の128MBモデルが9970円、256MBモデルが1万970円。両モデルともカラーはブラック。「InnoAX iMX-120」が128MBモデルのみで7970円、カラーはレッドとなっている。なお「innoAX iMX-100」の256MBモデルも新たに発売されており、こちらはレッド/オレンジ/ブルーの3色で価格は9970円。もはやUSBメモリの値段とあまり変わらないものとなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ