このページの本文へ

【ニュース】サトエリがワインを一気飲みし、死のうと思った理由

2004年04月24日 22時31分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ヌードをやるなら死にます。事務所をいつ辞めてもいいし、やるなら本当に死のうと思う」。写真集の打ち合わせで社長やカメラマンを交えての食事会が開かれた時、ヌードにさせられると思った佐藤江梨子さんは言ったという。24日店頭に並んだ佐藤江梨子さんの写真集『おひっこし』(音楽専科社/3150円)の帯に書かれたエピソードだ。結局、自分の早とちりだったことが判明するが、“マジ真剣”に悩み、ワインを4杯一気飲みして泣いたという。

同日開催された記者会見でも、大勢の報道関係者を前に「これまで(打ち合わせでお食事会なんか)なかったのに、いいレストランとかに行くとそう思っちゃう。ヌードにならない約束でイエローキャブに入ったのに」と回想。今後もヌードをやるつもりはないのか?と聞かれた江梨子さんは、やるつもりはない、とキッパリ!



お気に入りのカットは顔のアップ

写真集は都内と伊豆で撮影されたが、ベストジーニストにも選ばれたバツグンのスタイルで十分にセクシー。入浴シーンをはじめ、ジーンズ姿のスタイリッシュなカットも満載だ。

報道陣の質問に対し、ヌードをやるつもりはないとキッパリ
報道陣の質問に対し、ヌードをやるつもりはないとキッパリ

現在はテレビやCMに活躍中で、5月25日からは主演の映画『キューティーハニー』がロードショーとなる。

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ