このページの本文へ

アクシスコミュニケーションズ、MPEG-2エンコーダー搭載ネットワークカメラ『AXIS 230 MPEG-2 Network Camera』を発売

2004年04月13日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクシスコミュニケーションズ(株)は12日、MPEG-2エンコーダーを搭載したネットワークカメラ『AXIS 230 MPEG-2 Network Camera』の受注を同日付けで開始すると発表した。5月6日に出荷を開始する。価格は26万1450円。

『AXIS 230 MPEG-2 Network Camera』『AXIS 230 MPEG-2 Network Camera』

『AXIS 230 MPEG-2 Network Camera』は、高品質なビデオ/音声を必要とするハイエンドマーケット向けに開発した製品。赤外線対応の高感度カメラ(最小照度0.7ルクス)で、カラー/白黒撮影の自動切り替えに対応しており、明るさの変化に応じて、昼間の明るいところではカラービデオ映像、夜間の暗いところでは白黒映像に自動的に切り替わる“デイナイト機能”を装備するのが特徴。遠隔操作が可能な18倍の光学ズームレンズ(f=4.1~73.8mm、F1.4~3.0)と1/4インチCCDを搭載し、12倍のデジタルズームが可能。最大解像度は720×480ドット。MPEG-2によりNTSCで毎秒30フレーム、PALで25フレームの動画撮影が可能で、内蔵マイクやライン入力に接続したオーディオ機器からの音声と同期させてIPネットワーク配信が行なえるという。ユニキャスト/マルチキャストに対応する。イベントをトリガーとしたコントロールを行なうためのI/Oコネクター(アラーム入力×2、出力×1)を装備するほか、カメラが収録した音声情報のレベルによりアラーム情報を提供する“音声検知アラーム”も利用できる。

インターフェースは、ネットワーク(10/100BASE-TX)、シリアル(RS-232C、RS-485)、コンポジットビデオ出力(BNC)などを装備する。電源はDC9V。対応プロトコルは、TCP/IP、HTTP、FTP、SMTP、NTP、ARP、DHCP、BOOTP、RTP。本体サイズは幅75×奥行き171×高さ80mm、重量は752g。対応機種はPentium III-1.0GHz以上Athlonを搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows 2000/XP。ウェブブラウザーはInternet Explorer 5.5以上。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン