このページの本文へ

PowerBook G4 15インチ

PowerBook G4 15インチ

2004年03月31日 07時21分更新

文● アスキーPC Explorer編集部・伊藤 有

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PowerBook G4 15インチ

アップルコンピュータ

33万5790円(税込)

『GOOD』
  • 大画面と可搬性を両立。
  • アルミボディ採用による高剛性で質感も優れた筐体は単純にカッコイイ。
  • 発熱も従来モデルより抑えられている。
『BAD』
  • 3次キャッシュレスとなったことで、クロックが上がったわりに、Virtual PCの速度向上はほぼなし。
  • Windowsユーザー的にはやはり残念だ。
PowerBook G4 15インチ
●【上位モデルはDVDも焼ける】 上位モデルである本機のドライブは、Windowsでいうところの記録型DVDドライブを採用。付属ソフト「iDVD」でDVD-Videoも焼ける。
PowerBook G4 17インチ
巨大ワイド液晶搭載の最強PowerBook G4 アップルコンピュータ「PowerBook G4 17インチ」レビュー(写真をクリックすると当該レビュー記事に移動します)。

 このほど、Macintoshユーザーの間ではかねてより本命視されていた、新型の15インチPowerBookが登場した。これまで同様、本機もWindowsマシンとしての可能性を検証してみたい。見てのとおり、外観は12/17インチモデルと同様のフルアルミ筐体。この素材のおかげで質感・剛性感は非常に高く、パームレスト周辺の発熱も従来モデルより数段抑えられている印象だ。



光るアップルロゴ
●【光るアップルロゴ】 PowerBookといえばこの光るロゴ。光源は液晶モニタのバックライトと共用なので、液晶ON=背面ロゴ発光となる。

 性能面の注目点は、133→167MHzに高速化されたFSBと、PC2700になったメインメモリ。そして3次キャッシュが廃止され、代わりに2次キャッシュが2倍の512KBとなったことだ。上位モデルの本機は、さらに動作クロックも25パーセント高速化されている。ただし、PCエミュレータ「Virtual PC」を使う場合には、3次キャッシュレスの影響は未知数だ。

右側面 左側面
●【右側面】●【左側面】
●【抜挿頻度の低いポートは右側面に】 抜挿頻度の低いポートは右側面に集中装備。左から、ケンジントンロック、USB 2.0、IEEE1394a、IEEE1394.b(FireWire800)、S-VIDEO出力、DVI-I出力。

 テストにあたって、原稿執筆時点ではプレビュー版の最新OS「Mac OS X v10.3」(Panther)に入れ替えた。結果から言えば、Virtual PCに限定した特殊な用途では、各種の高速化要素よりも、3次キャッシュレスのデメリットのほうが大きいようだ。体感では、従来の1GHzモデルと同等か、場合によっては若干遅く感じられた。

キーボードのタッチは極上
●【キーボードのタッチは極上】 押下圧はかなり軽め。絶妙にチューニングされたクリック感と底付き時のソフトな感触にこだわりを感じるキーボードだ。

 今回は趣向を変えて、MPEG-4のエンコード速度もテストしてみた。実はMac OS XでもリッピングからDivXエンコードまでの環境が無料で揃う。今回使用した「DiVA」のほか、XviDに対応した「OpenShiiva」など、ツールも複数存在する。なお、VOBファイルからの変換時間は、おおむねソースの約2倍ほど。比較対象のPentium 4-2GHzのマシンとほぼ同程度である。



そこそこ速いMPEG-4エンコード速度
●【そこそこ速いMPEG-4エンコード速度】 比較対象の自作PCはPentium 4-2GHzでメモリ512MBのマシン。使うソフト次第では、このクラスのPCとほぼ同等の速度でエンコードできる。
PowerBook G4 15インチの主なスペック
製品名 PowerBook G4 15インチ
CPU PowerPC G4-1.25GHz(2次キャッシュ512KB、3次キャッシュなし)
メモリ(最大) 512MB(PC2700 DDR SDRAM/最大2GB)
ビデオチップ ATI Mobility RADEON 9600(64MB)
モニタ 15.2インチTFT液晶/解像度:1280×854ドット
HDD 80GB
光メディアドライブ 記録型DVDドライブ(DVD-R:2倍速/CD-R:16倍速/CD-RW:4倍速/DVD:8倍速/CD:24倍速)
スロット PCカードスロット(TypeII×1)
通信 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、無線LAN“AirMac Extreme”(IEEE802.11b/g)、56kbpsモデム(V.92)、Bluetooth
インターフェイス IEEE1394a(FireWire 400)×1、IEEE1394b(FireWire 800)×2、USB 2.0×2、DVI-I×1、マイク、ヘッドフォン
サイズ 348(W)×243(D)×28(H)mm
重量 2.54kg
OS Mac OS X v10.3“Panther”

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン