このページの本文へ

Micro ATXマザーが搭載可能なキューブ型ケース「Aria」が来月発売!

2004年03月26日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Aria 予価1万4800円
Micro ATXサイズのマザーボードが搭載可能なキューブ型ケース「Aria」300Wの電源を標準搭載しながら予価1万4800円と、リーズナブルな値段が魅力的だ

 AntecからMicro ATXマザーボードが搭載可能なキューブ型ケース「Aria」が、来月にも発売される。現在展示中のツクモパソコンケース王国では、300Wの電源を標準搭載しながら予価1万4800円と、リーズナブルな値段が魅力的だ。



フロント 背面
8in1カードリーダ/ライタを搭載するほか、5インチベイには開閉扉が電源は大型の12cm角ファンを採用
内部 ブロアー式
搭載できるドライブは5インチタイプが1基、3.5インチタイプが3基まで背面のブラケット部にはブロアー式の薄型排気用ファンも取り付けられている
シャドウベイ 電源
シャドウベイは5インチドライブの左右と下に取り付ける仕組み電源はCPUクーラーになるべく干渉しないように、切り込みを入れた特殊な形状のものを装備。もちろんAntec製だ

 サイズは267(W)×323(D)×201(H)mmと従来のキューブ型ケースと比べて、ひと回りほど大きい印象だ。フロントには8in1カードリーダ/ライタを搭載するほか、5インチベイにはトレイの開閉に連動する扉が取り付けられている。また、前面両サイドは青く光るなどの趣向も凝らされている。
 注目したいのは拡張性の高さで、搭載できるドライブは5インチタイプが1基、3.5インチタイプが3基までと多い。またMicro ATXマザーを搭載するということで、電源は写真のように切り込みを入れた特殊な形状のものを装備。CPUクーラーになるべく干渉しない作りとなっている。さらに電源は大型の12cm角ファンを採用。これとは別に、背面のブラケット部にはブロアー式の排気用ファンも取り付けられている。
 これまでにもMicro ATXマザーが搭載可能なキューブ型ケースはいくつか販売されたことがあるが、サイズも大きく価格も高かった。入荷時期は4月の中旬ということで、発売されれば人気の製品となるかもしれない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ