このページの本文へ

Zippoライター似の“007オフィシャルデジカメ”が発売に

2004年03月20日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「JB1」 007オフィシャル
Zippoライターそっくりのケースに小型デジカメが収納されている「JB1」“007オフィシャルデジタルカメラ”らしい
本物と比較 底面
“本物のZippo”と比べると、大きさといい重さといい、とても同じとは言い難い底面にはしっかりと007の刻印がある
カメラ ドライバCD
カメラそのものは取り出しての使用も可能ドライバCDが付く

 ジェームス・ボンドも使っているかどうかは知らないが、Digital DreamというメーカーからZippoライターそっくりのデジタルカメラ「JB1」が発売された。同社サイトでは、この製品を「世界で始めての007オフィシャルデジタルカメラ」とうたっている。

 こ洒落たバーのカウンターでバーボンを飲みながらカチャッと煙草に火を点ける…ふりをしながらシャッターを押す………(バックには007のテーマ曲)。多分、いやかなりの高確率でバレる。写真のようにフタを閉じた状態では、まさにZippoライターそのもの。だが、たまたま持ち合わせた筆者の“本物のZippo”と比べると、大きさといい重さといい、とても同じとは言い難い。もっとも、玩具のひとつと捉えるのであれば、よく出来ていると言える。
 カメラそのものは取り出しての使用も可能で、640×480ピクセルで150枚、320×240ピクセルで310枚までの撮影が可能。さらに動画(30秒)や録音(12分)機能に加え、連続19日間一定間隔で撮影を続ける機能も備えるあたりはボンドグッズっぽい(接続はUSB)。価格はドスパラ秋葉原2号店 Prime館で1万5980円、ドスパラ本店で1万5800円で販売中だ。



※ドスパラ秋葉原2号店 Prime館の価格が違いました。ここに訂正し、お詫びいたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ